本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.06 8月26日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2012全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦SUGO大会
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2012年8月26日(日)
■会場:スポーツランドSUGO(3.7375km)
■観客:3,300人
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■周回数:24周 ■参加台数:22台■出走台数:21台
■PP:中須賀 克行( ヤマハ/1分27秒370)
■FL:秋吉 耕佑(ホンダ/1分27秒784)

REPORT

中須賀克行が2位入賞でポイントリーダーを守る

全日本ロードレースは、長いインターバルを置き、今大会からシリーズ後半戦に突入。ノックアウト方式の予選では、ヤマハYSPレーシングチームからヤマハYZF-R1を駆る中須賀克行が、新コースレコードとなる1分27秒370(従来タイム1分27秒523)をマークして、第3戦筑波以来となる今季2度目のポールポジションを獲得した。

決勝では、スタートシグナルのシステムトラブルから、日章旗によるスタートへと変更。同時に25周レースは、1周減算の24周で争われることになった。スタートでは、加賀山就臣(スズキ)が好スタートからホールショットを奪い、中須賀は2番手で第1コーナーに進入。続く馬の背コーナーでは、秋吉耕佑(ホンダ)がトップを奪い、加賀山が2位、中須賀は3位へとポジションを下げてしまう。2周目の馬の背コーナーでは、中須賀が加賀山をパスして2位へと浮上すると、徐々にトップ秋吉を追い詰めていく。その秋吉は15周目まで首位の座をキープするが、16周目の馬の背コーナーでオーバーランすると、順位を落としてしまった。

これでトップに立った中須賀だが、その後、1分29秒台前半からタイムが上がらない。対する2位の加賀山は、1分28秒台で追い上げており、18周目の第1コーナーから第3コーナーにかけて、中須賀は加賀山に先行を許してしまう。2位に落ちた中須賀だが、コンマ数秒差で加賀山をマーク。しかし、バックマーカーが中須賀の進路を塞ぐなどもあり、中須賀に逆転のチャンスは訪れることなく2位でチェッカーとなった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 35'37.518
2 中須賀 克行 ヤマハYSPレーシングチーム Yamaha 35'39.316
3 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 35'48.586
4 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 35'58.369
5 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 36'00.445
6 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 36'35.747
7 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha 36'42.696
8 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 36'46.448
9 須磨 貞仁 CONFIA HMF Suzuki 37'43.073
10 清水 郁巳 ホンダドリームRT高崎 B'WISE RT Honda 35'37.567(-1 Lap)
11 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 35'38.993(-1 Lap)
12 中村 知雅 チーム トモマサ Honda 35'53.205 (-1 Lap)
13 久保山 正朗 浜友会浜松エスカルゴ Honda 35'54.431 (-1 Lap)
14 戸田 隆 ファーストスター>RIBE BMW 35'59.642 (-1 Lap)
15 吉田 光弘 Honda緑陽会熊本レーシング Honda 36'05.195 (-1 Lap)
16 原田 洋孝 RSガレージハラダ姫路 Kawasaki 36'06.045 (-1 Lap)
17 高橋 巧 MuSASHi RTハルクプロ Honda 36'55.722 (-1 Lap)
18 井上 健志 炎R Honda 35'46.032 (-2 Lap)
19 北川 敏 DCRC ケーヒン 中村Eng Honda 35'46.563(-2 Lap)
20 菊地 敦 TEAM・WILD☆HEART Honda 36'39.439 (-2 Lap)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 中須賀 克行 Yamaha 94
2 加賀山 就臣 Suzuki 85
3 柳川 明 Kawasaki 76
4 山口 辰也 Honda 68
5 高橋 巧 Honda 65
6 須貝 義行 Ducati 51
11 藤田 拓哉 Yamaha 30

COMMENT

中須賀克行選手談(2位)

「今回のレースは、本当に悔しい、のひとことに尽きます。でも、やるだけのことはやったので、加賀山就臣選手の優勝を讃えたいです。予選では、コースレコードも樹立できて、決勝に向けて手応えはあったのですが、秋吉耕佑選手とのバトルで想定以上にタイヤを消耗させてしまい、レース終盤は厳しい状況でした。でも、ここスポーツランドSUGOは、完走率が低かったのですが、今回はキッチリと走りきって2位になれたので、充実感はあります。次戦のオートポリスは、地元のレースだし、ブリヂストンタイヤとの相性がよいサーキットなので、加賀山選手、秋吉選手、柳川明選手、高橋巧選手たちと真っ向勝負して、今度は勝ちたいですね。応援ありがとうございました」

長野靖浩テクニカルディレクター談

「今回のSUGO戦は、事前テストからいい形でスタートすることができました。結果は2位で、勝てるマシンに仕上げることができなかったのは残念ですが、中須賀選手はよく頑張ってくれましたし、鈴鹿8耐、オーシャーズレーベン8耐、さらにはマシンテストをこなすというハードスケジュールのなかで、うまくマシンを乗り分けてくれました。一方で、今回優勝した加賀山就臣選手は、プライベーター参戦での優勝でもあり、心からおめでとうと言いたいです。チャンピオン争いの相手は、今大会の結果から加賀山選手に変わりましたが、今後は、負けないようにチーム一丸となってマシンを仕上げ、中須賀選手に納得のいくレースをしてもらいたいし、優勝を目指して頑張ります。応援してくださった全国のYSPのみなさん、ファンのみなさん、サポートしていただいた多くの方に感謝しています。ありがとうございました」

三浦健至監督談(YSP八戸)

「レース前、とても集中している顔をしていたので、優勝できると思っていました。結果は2位ですが、とても迫力のあるいいレースでしたし、常に安定した走りを見せてくれました。チャンピオンを獲得するためには着実にポイントを積み重ねていくことも大切なので、キッチリと表彰台に立ってくれたことは本当に喜ばしいことですし、今回、一緒に応援に来たメンバーも喜んでくれていると思います。今大会から、シリーズ後半戦に突入しましたが、チャンピオン獲得に向けて、中須賀選手をはじめスタッフのみなさんには、頑張っていただきたいです」

ページ
先頭へ