本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.01 4月1日 もてぎ

RACE DATA

■大会名称:2012全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎ大会
■カテゴリ:JSB1000クラス 
■開催日:2012年4月1日(日)
■開催地:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■天候:曇り ■コース:ドライ
■周回数:18周 ■出走台数:23台 ■完走台数:20台
■PP:高橋 巧 (ホンダ/2分03秒064)
■FL:高橋 巧 (1分49秒629)

REPORT

中須賀&YZF-R1が開幕戦で優勝!

ヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行が、逆転劇で開幕戦優勝を飾った。予選3番手発進の中須賀は、終盤14周目にトップに立つと、その後独走して優勝。中須賀のツインリンクもてぎでの優勝は、2008年以来のこと。

3月31日(土)に行われたノックアウト方式の予選は、豪雨により、Q2を終えた段階で中止が決定した。これで中須賀は、高橋巧(ホンダ)、加賀山就臣(スズキ)に次ぐグリッド3番が決定した。

1日(日)の決勝は、前日の荒天から一転、絶好のコンディションとなった。中須賀は、スタートで何度かウイリーして、得意のスタートダッシュは決まらなかったが、オープニングラップは高橋、加賀山に次ぐ3番手で通過。その後に高橋がペースアップ。これに対し中須賀は、加賀山を抜くのに手間取ってしまい、6周目の第1~2コーナーでようやく加賀山をパス。この6周目を終えたとき、トップ高橋と2位の中須賀との間には、5秒近くの大差があった。その後の7周目、中須賀は、1分49秒926を記録して高橋を追う。

一方高橋は、1分50秒台前中盤をキープするが、12周目のV字コーナーでシフトミスから失速。12周目を終えた段階で、トップ高橋と2位の中須賀とのタイム差は、一気に2秒071に縮まった。ペースが落ちた高橋を、さらに周回遅れが道をふさぐ展開。これで13周目に中須賀が0.242秒差に迫ると、14周目の最終コーナーからストレートで高橋をとらえ、中須賀がついにトップに立つ。15周目、中須賀は自己ベストとなる1分49秒909を記録するなどスパートをかけると、高橋を一気に引き離すことに成功。終盤は、危なげない走りで独走した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 ヤマハYSPレーシングチーム Yamaha 33'11.103
2 高橋 巧 MuSASHi RT ハルクプロ Honda 33'19.479
3 柳川 明 TEAM GREEN kawasaki 33'32.250
4 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 33'43.851
5 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 33'57.970
6 芹沢 太麻樹 エヴァRT初号機トリックスターFRTR Kawasaki 34'03.144
7 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 34'28.992
8 片平 亮輔 8810RwithMCR Honda 34'34.486
9 中村 知雅 チーム トモマサ Honda 34'43.878
10 山中 正之 HondaQCT明和レーシング Honda 34'47.594
11 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha 34'47.637
12 須磨 貞仁 CONFIA HMF Suzuki 34'49.893
13 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 33'16.210(-1Lap)
14 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda 33'23.945(-1Lap)
15 澤村 元章 磐田レーシングファミリー Yamaha 33'47.146(-1Lap)
16 原田 洋孝 RSガレージハラダ姫路 Kawasaki 33'48.005(-1Lap)
17 佐藤 宏司 フレッシュタウン歯科クリニック Suzuki 33'51.644(-1Lap)
18 長田 政樹 SRTTレーシング Suzuki 33'53.298(-1Lap)
19 宮崎 圭央 FAST R・T Honda 33'53.597 (-1Lap)
20 菊地 敦 TEAM・WILD☆HEART Honda 34'23.988(-1Lap)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 中須賀 克行 Yamaha 25
2 高橋 巧 Honda 22
3 柳川 明 kawasaki 20
4 加賀山就臣 Suzuki 18
5 山口 辰也 IHonda 16
6 芹沢 太麻樹 Kawasaki 15
11 藤田 拓哉 Yamaha 10
15 澤村 元章 Yamaha 6

COMMENT

中須賀克行選手談(優勝)

「今年、タイヤがブリヂストンに変更されましたが、テスト時間が少なくて、レース前は、表彰台に立てれば・・・という状態でした。スタートでウイリーしてしまったのは、久々のレースであることと、タイヤがブリヂストンに替わって、みんなの期待がプレッシャーになってしまったという感じから。でも、このウイリーで出遅れて、その後のレースは冷静に戦うことができました。マシンは、まだ完ぺきではありません。自分としては、60%程度の仕上がりです。優勝は、とて嬉しいですが、これで気を抜くことなく、さらにセットアップを進めていきます。応援、ありがとうございました」

長野靖浩テクニカルディレクター談

「開幕戦を迎えるまでの約1ヵ月半、フロントに、ずっと問題を抱えていて、いろいろなトライをしたのですが、なかかな解消することができませんでした。実はテストがスタートしたころは、開幕戦での目標は上位入賞でした。その後に、テストを重ねるなかで、表彰台が目標になりました。結局、フロントの問題は解決されないまま決勝に臨みましたが、中須賀選手が本当に頑張ってくれて勝つことができました。今回は、YSP西東京の横田地監督に、最高のプレゼントをすることができましたが、応援してくださった全国のYSPのみなさん、ファンのみなさん、サポートしていただいたヤマハをはじめブリヂストンなど、多くの方に感謝しています。ありがとうございました」

横田地崇監督談(YSP西東京)

「レース前のスターティンググリッドに立つことだけでも身震いするほどなのに、中須賀選手が優勝して、一緒に表彰台に立つことができたことは、本当に夢のようです。それにしても、こんなもの凄いレースを見せられてしまうと、レース後にコメントを求められても、興奮し過ぎていて出てこないものなのですね。正直、高橋選手が独走した時は、勝つことは難しいと思いましたが、諦めずに頑張り続けることの重要さを、中須賀選手に教えてもらいました。この場面に立ち会えて、本当に幸せです。中須賀選手はサイコーです」

ページ
先頭へ