本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.05 2月2日 サンディエゴ

RACE DATA

開催日:2019年2月2日(土)
開催地:カリフォルニア州サンディエゴ
会場:PETCOパーク

REPORT

450SX:プレシンジャーが6位を獲得

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Teamのアーロン・プレシンジャーは、ルーキーイヤーの今年、進歩を続けており、PETCOパークで行われたAMAスーパークロス選手権第5戦でトップ10入りを果たした。チームメイトのベテラン、ジャスティン・バーシアはポディウムフィニッシュを目指したが、タフなコースコンディションにより早々にレースを終えた。

南カリフォルニアで続く悪天候が、残念なことにサンディエゴでのレース当日にも影響を及ぼすことなってしまい、路面状況は厳しいものとなった。ほぼ終日、雨が降り続き、クオリファイング・プラクティス直前には大雨となった。このためスケジュールは短縮され、プラクティスとクオリファイングが1セッションのみとなり、メインイベントは本来の20分プラス1周から15分プラス1周に短縮された。

2018年250SX西地区チャンピオン、プレシンジャーは、第5戦で大きな進歩を見せた。メインイベントを前にヒート2に参加すると一時トップを快走し、2位でフィニッシュ。その勢いはメインイベントでも続き、いくつかの貴重な教訓を得つつも、しっかりと6位でフィニッシュして見せた。

一方、まだ尾骨損傷から回復していないチームメイトのバーシアは、またしても厳しいレースウイークエンドを過ごすことになった。再びマッドレースとなる中、ニューヨーカー、バーシアは水を得た魚のように快走。難しいコンディションの中、ヒート1を4位で終える。メインイベントで素晴らしいスタートを見せたバーシアは1周目を終えて3位と、ポディウムフィニッシュ圏内につけ、優勝を目指して走行する。ところが3周目、なんとマシントラブルによりストップ。早々にレースを終えることになってしまった。

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Teamは、2月9日土曜日、ミネソタ州ミネアポリスに向かい、USバンクスタジアムでシリーズ第6戦に出場する。

250SX West:ニコルズとフェランディスが過酷なレースでトップ10入り

PETCOパークで開催されたAMAスーパークロスシーズン第5戦は悪天候により大荒れの展開となった。チャレンジングなコンディションにもかかわらず、Monster Energy Star Yamaha Racingのディラン・フェランディスとコルト・ニコルズはともにトップ10入りを果たした。この後、250SX西地区シリーズは3週間のブレークに入る。

悪天気により通常2回行われるクオリファイング・プラクティスのスケジュールが1回に変更されたため、ライダーたちは一発勝負を強いられることになった。そのような状況にもかかわらず、フェランディスは2位でクオリファイ。さらにヒートレースを圧倒する。参加したヒート1で1周目からトップに立つと、以後フィニッシュまで一度もその座を明け渡すことなくレースを制した。

それでもフェランディスはコースの難しさを認め、メインイベントではさらに難しい状況になると感じていた。15分プラス1周から10分プラス1周に短縮されたメインイベント。確かに難しい状況ではあったが、フェランディスは表彰台を目指して力走。だが残念なことに、表彰台に上がることはできなかった。3位を走行中の最終ラップ、フィニッシュまで残り2ターンとなったところでマシントラブルによりストップ。チェッカーフラッグを受けることはできなかった。それでも24歳のフェランディスは7位となった。シリーズポイントランキングではトップと12ポイント差の4位につけている。

チームメイトのニコルズもヒートレースで堅実な走りを見せ、参加したヒート2を2位で終える。だがメインイベントでは思うようなスタートができずに苦戦。さらにいくつかミスを冒して10位でレースを終えるにとどまった。レッドプレートを手放すという厳しいレースとなった。ランキングでは現在、トップと10ポイント差の3位につけている。

RESULT

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

ページ
先頭へ