本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.10 3月12日 トロント

RACE DATA

■開催日:2016年3月12日(土)
■開催地:カナダ、オンタリオ州トロント
■会場:ロジャース・センター
■観客数:50,605人

REPORT

450SX:W・パイクが8位

2016年AMAスーパークロス第10戦がカナダのオンタリオ州トロントで開催された。シリーズ中唯一、米国以外で開催されるトロント大会は2008年からAMA SXシリーズに組み込まれている。レ―ス会場のロジャース・センターには50,605人ものファンが詰めかけた。

22選手が20周で争うメインイベントを前に、Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingのチャド・リードはヒート1に参加。ここで6位にとどまったため、セミレースに参加することに。そしてセミ1に参加したリードは、ホールショットを奪うとそのままレースをコントロール。1位でフィニッシュしてメインイベントへの出場権を得た。

Autotrader/Monster/Yamaha/JGR team からエントリーのウエストン・パイクはヒート1に出走して4位に入り、そのままメインイベント出場を決めた。 一方、パイクのチームメイト、フィリップ・二コレッティはアトランタ戦での転倒による膝の負傷の影響が残る中での参加となったが、ヒート2に参加して激しく転倒。この日の走行をここで終えることになってしまった。

そして迎えたメインイベント。何とオープ二ングラップのスタートストレートでC・リードが転倒。リードはここでリタイアとなった。 W・パイクは1周目を9位で終えると、N・ウエイ(カワサキ)とV・フリーゼ(ホンダ)らと争いながらトップ10圏内でキープしつつレース序盤の周回を重ねる。そして中盤、後方から順位を上げてきたT・カナード(ホンダ)の先行を許すが、その後も安定したライディングを続け、パイクは今季の自己ベストとなる8位でチェッカーフラッグを受けた。

2016年AMAスーパークロス・シリーズはこの後、米国に戻り、第11戦は3月19日土曜日、ミシガン州デトロイトのフォード・フィールドで開催される。

250SX:J・マーティンが2位!

250スーパークロス東地区第3戦。Yamalube Star Racing Yamahaのジェレミー・マーティンがスタート直後のアクシデントに巻き込まれて最後尾近くまで後退しながらも果敢に追い上げ、見事2位入賞を果たした。

メインイベントは混乱のうちに開始された。スタート直後の第1コーナーで多重クラッシュが発生。J・マーティンとA・プレシンジャーもこれに巻き込まれてしまう。 マーティンは1周目を22台中19位で通過すると、そこから怒涛の追い上げを展開。2周目には5台を抜いて14位に上がると5周目には8位、そして8周目には表彰台圏内の3位まで順位を上げる。 さらに次の周にはM・ビスチャリア(スズキ)をかわして2位に上がり、トップを行くJ・ヒル(KTM)を追う。しかしオープニングラップのアクシデントで失ったタイムロスはあまりにも大きく、ヒルは既に大差を築いてトップを独走しており、マーティンの追い上げもここまで。トップと20秒差の2位でチェッカーフラッグを受けた。 一方、チームメイトのA・プレシンジャーはトップから1周遅れの12位でフィニッシュした。

RESULT

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

ページ
先頭へ