本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.18 11月3日 マレーシア

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第18戦マレーシアGP
■開催日:2019年11月2日(土)予選結果
■開催地:セパン/マレーシア(5.548km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度 ■路面温度:35度
■PP:F・クアルタラロ(1分58秒303/ヤマハ)

REPORT

ビニャーレスとロッシ、セパン決勝のグリッドは1列目と2列目

Monster Energy Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスとV・ロッシはQ2でハードプッシュ。頭上に黒雲が広がるセパン・インターナショナル・サーキットで序盤から果敢に攻め、それぞれ2番手と6番手を獲得した。

ビニャーレスはQ2最初のアタックで6番手につけたあと、2度目のトライで早くも1分58秒676の好タイムでトップに浮上。コース長の長いこのコースではもう1ラップを走ることができなかったため、ここでピットに戻りタイヤ交換を行った。

15分間のセッションの後半が始まるとF・モルビデリがトップタイムを更新。ビニャーレスは一旦2番手に後退したものの素早く反応し、1分58秒406へ短縮して再びトップを奪還した。しかしセッション終盤ではF・クアルタラロがこれを上回ってポールポジションを獲得。ビニャーレスは0.103秒届かず2番手となった。

チームメイトのロッシはフリープラクティス第4セッションで好調ぶりを発揮。そのままの勢いでQ2に臨み、序盤で1分59秒313を記録してトップに立った。しかしその後はタイムを更新できず、7番手まで後退してからピットイン。タイヤ交換を終えてコースに復帰したときには、残り時間が6分を切っていた。

集団のなかに飲み込まれた状態でのタイムアタックとなったが、グリッド好位置獲得を目指して懸命に攻めると次のラップで5番手に浮上。直後にチェッカーフラッグが振られ、最後の1ラップでは1分59秒000を記録したものの、ライバルたちがさらに上回ったため6番手に後退してセッションを終了した。トップとの差は0.697秒。

Idemitsu Asia Talent Cupに出場していたA・ムナンダールの悲劇的事故を受けて、ヤマハは、その家族や友人、彼を愛したすべての人に哀悼の意を表します。

PETRONAS Yamaha SRTがダブル・フロントロー獲得

PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・クアルタラロとF・モルビデリが、チームのホームコースで予選1番手と3番手を獲得して地元ファンを歓喜させた。チームメイトのふたりが揃ってフロントロ-に並ぶのは今季4度目。

ウイーク初日もトップタイムをマークしたクアルタラロは、Q2セッション序盤から果敢に攻めて、またもラップレコードを更新。1分58秒303でポールポジションを獲得し、今季12回目のフロントロー・スタートを決定した。

チームメイトのモルビデリはフリープラクティス第3セッションと第4セッションでトップ。Q2セッションでは終盤のアタックで集団に阻まれて短縮ならず、2番手に僅か0.029秒差の1分58秒432で3番手となっている。

クアルタラロとモルビデリは冠スポンサーのPETRONASとその#TambahPowerPSRTキャンペーンに合わせ、スペシャル・カラーのマシンで決勝に出場する。

マレーシアGP決勝は現地時間15:00スタート、全20ラップで競われる。

RESULT

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP
M・ビニャーレス選手談(予選2番手/1分58秒406)

「フロントローからスタートすることが最も重要です。このあとも努力を続けなければなりませんが、今日のところはとりあえず良い仕事ができたと思っています。フリープラクティス第3セッションが絶好調で、そのあとの予選セッションでも、今の自分にできることはすべてやりました。わずかコンマ1秒差の2番手ですから、十分に満足しています。明日はさらに前進を目指し、決勝では第1コーナーでトップに立って、序盤から全力でプッシュしていきたいと思っています。以前にも話したように、私に失うものは何もありません。ただひたすら勝利を目指すだけですから、プッシュしてプッシュして、さらにプッシュして結果を待ちます。表彰台を狙っていきます」

V・ロッシ選手談(予選6番手/1分59秒000)

「ヤマハ勢全員が好調。そのなかで私はグリッド2列目に並ぶことになりました。Q2ではもう少し頑張れたかもしれませんが、2回目のアタックのときは集団につかまってしまって難しい状況でした。いずれにしても、セカンドローは決して悪くありません。決勝ではリアタイヤにソフト・コンパウンドからミディアム・コンパウンドを選ぶことになると思うので、今日はその消耗の状態を注意深く観察しました。明日はウォームアップ・セッションでもう一度、状態を確認してから決勝に臨みます。ドライ・コンディションになるよう願っています」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「今日も好調が続きました。マーベリックとバレンティーノはすべてのセクションでハイペースを維持しており、決勝にむけて準備万端、整っています。ふたりともマシンにほぼ満足していますが、チームとしては、ほんの些細なことでも、もっと改善できるところはないかと常に考えています。タイヤについては進むべき方向が見えていて、決勝に照準を合わせて良いチョイスができました。決勝でトップ争いに加わるためにはグリッド2列目までに入ることが不可欠なので、今日はふたり揃ってその目標を達成できて満足です。ヤマハのフロントロー独占という快挙は、私たちのこれまでの努力の成果です。明日はすべての力を結集し、隠れていたポテンシャルを結果に結び付けなければなりません」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team
F・クアルタラロ選手談(予選1番手/1分58秒303)

「前回のオーストラリアで厳しい戦いを強いられ、ここに来てからもかなり苦戦してきました。でも今回はチームにとってのホームレース。彼らが私たちにプレッシャーをかけてくることはありませんが、良いパフォーマンスを期待していることは間違いありません。だからこそ、今回のポールポジションは私にとって特別なものですし、ダブル・フロントローはそれ以上にチームにとって重要です。すでに準備は万端。決勝に向けて気持ちも高まっています。タイヤはまだ最終決定ではありませんが、明日のウォームアップ・セッションで試してから決めるつもりです」

F・モルビデリ選手談(予選3番手/1分58秒432)

「全体的に好調で、とくに予選セッションではマシンに絶大な信頼をおいて走ることができました。ここまでいいペースをキープできているので明日の決勝もこの調子でいきたいと思っていますが、その前に天候変化に気を配ってしっかり対応していかなければなりません。そしてそのあとは、良い状態で走り切ることだけを考えたいと思います。これまでのペースを見れば、多くのライダーが優勝争いに加わることができる状況です。実力に大きな差はないので、序盤はきっと大集団での戦いになるでしょう。チームのために優勝できたら最高ですが、焦らず状況を見守りながらチャンスを待ちたいと思います」

ページ
先頭へ