本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

Rd.04 6月7日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2015全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2015年6月7日(日)
■会場:SUGOインターナショナルモトクロスコース(宮城県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

REPORT

全日本モトクロスは中国大会から3週間のインターバルをあけ、東北地方へと転戦。第4戦がスポーツランドSUGOで開催された。予選が行われた土曜日は、朝方まで降った雨の影響により粘着性の強い路面状況となったが、快晴となった日曜日は絶好のコンディションのもと決勝が行われた。

IA1:安原は11/9位で総合9位、ヤマハトップは7/7位の田中

IA1に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース、平田優は怪我のため今大会も欠場した。安原志がひとりYZ450FMを走らせ上位進出を目指すが、IA1にステップアップしてまだ4戦目のルーキーには、今回も厳しい壁が立ちはだかる。ヒート1、1周目を11番手で戻ってきた安原は、翌周に10番手へとポジションを上げ、さらに6周目には9番手へ浮上するなど勢いをつけていったが、レース中盤となる7周目に転倒、スタート直後と同じ11番手に後退してしまう。その後はリズムを取り戻すことができないままの走行となり、11位でチェッカーを受けることになった。

この第1ヒートでは田中教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)が好スタートをきり、3番手につけた。ライバル勢の追撃に遭い7番手まで後退することになるが、そのポジションを最後まで維持してゴールした。トップ争いは先行した小島庸平(スズキ)を、小方誠、成田亮のホンダ2名が追う展開から推移。後半に入って首位に浮上した成田が独走態勢を築き上げて優勝、小方、小島が続いてチェッカーを受けた。 

第2ヒートでは、安原はアウト側のグリッドを選んでスタート。1コーナーへの進入スピードを上げすぎたためそのチャレンジが大きく機能することはなかったが、1周目のコントロールラインを10番手で通過、7位を争うグループの最後尾につけた。レース中盤にさしかかる時点で集団から離されてしまうことになるが、前車の転倒があったことにより9番手へとポジションを上げ、そのままチェッカーを受けた。一方、同じく7位争いの集団に加わっていた田中はレース序盤、9番手まで落ちる場面があったが、再び追い上げて7位へと浮上、レース後半はそのポジションを維持してゴールした。

優勝争いは、第1ヒートと同じく小島、成田、小方が繰り広げた。先行した小島に成田が早めのアタックをかけ、5周目にはトップへと浮上。終盤まで僅差の戦いとなるが、成田、小島、小方という形で決着した。 

IA2:岡野が両ヒートで3位表彰台へ

「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介は第3戦中国大会で両ヒート入賞を果たしたが、今大会ではそのスピードを思うような結果に結びつけることができなかった。第1ヒートは、スタート直後の1コーナーで他車の転倒に巻き込まれ、ほぼ最後尾からの追い上げを強いられる。それでも1周目の24番手から、4周目には12番手と急激にポジションを挽回、レース中盤には8番手まで浮上した。しかし終盤、他車と接触して転倒。最終的には10位でチェッカーを受けることになった。

渡辺は第2ヒート、スタート直後の10番手から1周目6番手、さらに5、4番手と序盤の段階で上位へ進出することに成功し、10秒以上離されていた3位との差も詰めていくスピードを発揮する。しかし3番手の背後につけようとしたアタック中に激しく転倒してしまった。ハンドルまわりのダメージが大きかったため再スタート後のペースアップは叶わず、12番手でゴールすることになった。

一方、6周の予選で15秒以上の大差をつけてのトップ通過を果たすなど、順調にスピードを伸ばした岡野聖(フライングドルフィン サイセイ)が、決勝でも安定した速さを発揮した。両ヒートを独走で制した富田俊樹(ホンダ)、両ヒート2位の能塚智寛(カワサキ)には離されてしまう展開になったが、好スタートで得たポジションをしっかりとキープ。2ヒートとも3位表彰台を獲得した。

レディース:伊集院忍が3位表彰台を獲得 

前戦で今季2度目の表彰台に上がった安原さや(名阪レーシング)が好スタートをきって2番手につけたが、3周目に転倒を喫して6番手までポジションを下げてしまう。代わって上位へと進出したのが、「TEAM KOH-Z」のYZ85LWを駆る伊集院忍だった。前にいた安原や畑尾樹璃(カワサキ)の転倒によって順位が上がったのは事実だが、伊集院がスタート直後からチャンスを得られる位置につけていたのも事実。3番手に浮上してからも前にいた邵洋子(ホンダ)を追い続け、終盤で後方から迫ってきた久保まな(スズキ)、安原らの追撃も退けた。伊集院は3年ぶりの表彰台だ。

IA1 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 Team HRC Honda 33'05.917(16Laps)
2 小方 誠 Team HRC Honda 33'09.650
3 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'11.693
4 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'12.170
5 三原 拓也 K. R. T. Kawasaki 33'16.953
6 新井 宏彰 K・R・T Kawasaki 33'17.193
7 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA Yamaha 34'06.514
8 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 34'17.440
9 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'23.444
10 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'38.156
11 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 34'43.348
12 池谷 優太 SRF TEAM RED ZONE Suzuki 34'58.910
13 伊藤 正憲 YSP浜北大橋Racing・Muc-off Yamaha 35'06.456
14 島崎 優 SuperWeapon Honda 35'07.593
15 白石 翔也 YS'' レーシング Yamaha 34'31.279(-1Lap)
16 中村 泰介 RT MIKURA with ALL-ONE Yamaha 33'40.597(-2Lap)
17 鈴木 正明 SRF 関東&秀明道場 Suzuki 32'58.507(DNF)

IA1 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 Team HRC Honda 33'20.853(16Laps)
2 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'22.140
3 小方 誠 Team HRC Honda 33'22.423
4 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'44.387
5 新井 宏彰 K・R・T Kawasaki 33'46.100
6 三原 拓也 K. R. T. Kawasaki 34'08.191
7 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA Yamaha 34'30.926
8 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'36.158
9 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 34'46.331
10 池谷 優太 SRF TEAM RED ZONE Suzuki 35'11.246
11 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 35'31.060
12 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 35'33.317
13 伊藤 正憲 YSP浜北大橋Racing・Muc-off Yamaha 34'23.656(-1Lap)
14 白石 翔也 YS'' レーシング Yamaha 34'25.628(-1Lap)
15 島崎 優 SuperWeapon Honda 35'23.010(-1Lap)
16 中村 泰介 RT MIKURA with ALL-ONE Yamaha 33'51.371(-2Lap)

IA1 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小方 誠 Honda 170
2 熱田 孝高 Suzuki 158
3 成田 亮 Honda 157
4 小島 庸平 Suzuki 150
5 新井 宏彰 Kawasaki 144
6 田中 教世 Yamaha 115
9 安原 志 Yamaha 95
12 伊藤 正憲 Yamaha 81
15 中村 泰介 Yamaha 38
16 白石 翔也 Yamaha 35
21 高本 直 Yamaha 7

IA2 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 富田 俊樹 Team HRC Honda 33'13.596(16Laps)
2 能塚 智寛 グリーンクラブ & パーク神戸RT Kawasaki 33'34.707
3 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ Yamaha 33'38.521
4 竹中 純矢 Team SUZUKI Suzuki 33'40.890
5 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda 33'42.602
6 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda 33'46.974
7 植田 翔太 グリーンクラブ八尾カワサキ & ANNEX Kawasaki 34'01.179
8 道脇 右京 TEAM KOHSAKA Honda 34'18.419
9 馬場 亮太 TEAM 887 Honda 34'21.510
10 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha 34'24.204
11 斉藤 崇 SRF 関東オートスポーツ清水 Suzuki 34'35.141
12 石浦 諒 SRF Team ブルーイーグルス Suzuki 34'40.723
13 古賀 太基 N.R.T Honda 34'43.704
14 馬場 大貴 TEAM 887 Honda 34'47.005
15 迫田 勇馬 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 34'48.734
16 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 34'50.420
17 池本 凌汰 TeamSRMwithマウンテンライダー Suzuki 34'50.890
18 内田 篤基 Team SSC 鈴木兄弟 SRF Suzuki 34'53.628
19 高輪 喜樹 SEKI Racing MotoRoman KBF-RS Honda 34'57.872
20 鎌倉 大樹 レーシングチーム鷹 Yamaha 35'09.055
23 松浦 勝志 チームピットイン Yamaha 35'22.475
26 大村 尚成 YSP豊川 Yamaha 34'35.868(-1Lap)

IA2 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 富田 俊樹 Team HRC Honda 33'43.079(16Laps)
2 能塚 智寛 グリーンクラブ & パーク神戸RT Kawasaki 34'08.711
3 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ Yamaha 34'15.893
4 竹中 純矢 Team SUZUKI Suzuki 34'19.553
5 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda 34'37.143
6 稲垣 達樹 Team SSC 鈴木兄弟 SRF Suzuki 34'41.601
7 馬場 亮太 TEAM 887 Honda 34'42.547
8 斉藤 崇 SRF 関東オートスポーツ清水 Suzuki 34'53.919
9 道脇 右京 TEAM KOHSAKA Honda 34'59.891
10 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda 35'02.074
11 馬場 大貴 TEAM 887 Honda 35'14.571
12 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha 35'20.361
13 内田 篤基 Team SSC 鈴木兄弟 SRF Suzuki 35'22.117
14 迫田 勇馬 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 35'34.139
15 高輪 喜樹 SEKI Racing MotoRoman KBF-RS Honda 35'36.382
16 池本 凌汰 TeamSRMwithマウンテンライダー Suzuki 35'36.762
17 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 35'49.104
18 植田 翔太 グリーンクラブ八尾カワサキ & ANNEX Kawasaki 36'00.428
19 鎌倉 大樹 レーシングチーム鷹 Yamaha 33'45.098(-1Lap)
20 垣内 伊吹 ホンダドリーム名古屋西&橋本建設 Honda 33'47.485(-1Lap)
22 松浦 勝志 チームピットイン Yamaha 33'53.522(-1Lap)
27 大村 尚成 YSP豊川 Yamaha 35'10.144(-1Lap)
28 長谷 健太 名阪レーシング Yamaha 35'42.758(-1Lap)

IA2 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 富田 俊樹 Honda 189
2 能塚 智寛 Kawasaki 152
3 岡野 聖 Yamaha 149
4 竹中 純矢 Suzuki 144
5 田中 雅己 Honda 138
6 大塚 豪太 Honda 84
10 渡辺 祐介 Yamaha 73
24 鎌倉 大樹 Yamaha 17
29 松浦 勝志 Yamaha 1

COMMENT

IA1:安原志選手談(11位/9位:総合9位)

「SUGOを迎える前に行ったトレーニングで、ダグ・デュバックさんに教えてもらったことを実戦でも形にするつもりだったのですが、予選日からリズムに乗れず、タイムにつなげることができませんでした。決勝日朝の練習走行で少しきっかけをつかみ、ヒート1では調子よく追い上げていくことができたのですが、転倒して再びリズムを崩してしまい、それを修正することもできませんでした。ヒート2ではスタート位置を思いきってアウト側に取り、1コーナーまでのスピードはうまく乗せられたのですが、その後の処理がうまくいかず、好位置につけられませんでした。それでも前についていこうと頑張ったのですが、ちょっとしたミスを重ねたところでペースを落としてしまいました。よかったところもあったと思いますが、出来なかったことが大半。依然として課題がたくさんあります」

IA1:桂健久YAMAHA FACTORY RACING TEAM監督談

「目指しているのはもっと上ですから、今回も満足できる結果ではありません。予選、あるいはヒート1の追い上げ途中などでいい走りをしているな、と感じられることもありましたが、変えようとしているライディングスタイルを維持できなかったり、改善すべき点がまだまだあります。少しでもトップに近づけるように、前に食らいついていけるようにチャレンジを続ける。トレーニングや練習の方法など、今までやってきたことを変える、というトライも必要だと思っています。チーム全体を含めて、守らずに攻めて、現状から変えていく。そんな努力を今後も続けていきます」

IA2:渡辺祐介選手談(10位/12位:総合10位)

「レース序盤のスピードを上げる、という事前に挙げていた課題のひとつはクリアできましたが、スタートそのものをよくする、という課題は残りました。ヒート1の出足そのものは悪くなかったのですが、周りからかぶせられたうえで他車と絡んでしまいました。ヒート2は巻き込まれるのが嫌だったので、アウト寄りのグリッドを選びました。1コーナーは10番手ぐらいで抜け、そこからいいペースでポジションを上げていけました。岡野選手が見え、その差を詰められているとわかったのでアタックをかけたのですが、自分のミスで転倒しました。そのダメージでステアリングがちゃんと切れなくなってしまったのですが、とにかく最後まで走りきろうと思いました。コースサイドで応援してくださった多くの方々の期待に応えられず、悔しい気持ちでいっぱいです」

IA2:佐藤光幸YAMALUBE RACING TEAM監督談

「結果としては残念なレースになってしまいましたが、走り自体は前戦に引き続き、トレーニングの成果が出ていると思います。やみくもに前のライダーを抜こうとするのではなく、勝負するために抜く、という走りができていました。一方で、さらに克服すべき点も見つかっています。ヒート2の転倒は欲を出しすぎた、という気持ちの部分もありますが、マシンが振られたときに対処しきれないという体力的な面もあります。体を鍛えれば走りのバリエーションが広がり、引き出しが増えることにもつながりますから、新たなトレーニングを進めていきたいと思います。マシンについても、改良すべき点が見つかりました。マシンに問題があるのではなく、もっとよくするためのセッティングです。そうやって改良を積み重ねながら、成長を続けていきます」

IA2:岡野聖選手談(3位/3位:総合3位)

「SUGOはそれほど得意としていないこともあり、とにかくスタートで出ることを意識し、考え続けました。それはうまくいったと思います。ただ今回は富田選手が特別に速く、予選から“これでは勝負できない”という感覚がありました。実際、レースでは離されてしまいましたし、自分自身のペースも悪くなり、3位に下がってしまいました。ヒート1では能塚選手に抜かれてから、ラインなど自分の悪いところを修正し、頑張ったつもりですが、ヒート2は序盤の段階で離されてしまいました。それでもあきらめず、粘り強く走るレースは今後も続けていくつもりです。もちろん、チャンスがあればいつでもトップを狙うつもりですし、勝てるチャンスをつくるつもりです」

レディース:伊集院忍選手談(3位)

「運がよかった、というのが正直な気持ちです。スタートも選んだ場所がよかった。自分より速い選手のすぐ後ろにつくことができ、彼女たちのペースに合わせたから、順位を維持できたんです。以前の表彰台はマディ。晴れのコンディションで表彰台に上がれたことは、素直にうれしいです。3位という結果を残せたことで、次の目標もはっきりと見えてきました。もう、次に進むための階段を駆け上がるしかありません。今年はチームメイトの本田選手とともに、優勝を目指して練習を重ねています。その本田選手と、素晴らしい環境を整えてくれているチームのおかげで、トップとの差を確実に縮められているという実感があります」

ページ
先頭へ