本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



全日本モトクロス選手権 IA1

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどIA1に関する情報をお届けします。

Rd.06 7月3日 北海道

RACE DATA

■大会名称:2005全日本モトクロス選手権第6戦北海道大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2005年7月3日(日)
■開催地:北海道/わっさむサーキット
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:曇り

REPORT

小池田が総合3位を獲得
ランキングトップをキープ!

全日本モトクロス選手権第6戦・北海道大会が、7月2、3日、わっさむサーキットにて開催された。今大会で2005年シリーズも後半戦に突入。ランキングは、第5戦九州大会を終え、YZ250Mを駆る小池田猛が2番手に20ポイント差でトップ。しかし、その後には高濱龍一郎、増田一将、辻健二郎とホンダ勢三人、またすぐ後ろには、釘村太一、小島太久摩、出原忍というヤマハライダー三人がつけており、この大会もまた、緊迫したレースが展開された。

第1ヒート、ホールショットは辻、その後にほぼ横一線で、増田、大河原功次、高濱、小池田、小島が続く。しかし1周目終えると、増田、大河原、小島、高濱、辻、小池田、釘村、出原という順位となる。ここでトップに立った増田は、序盤に大きなリードを奪い独走体制を築くと、そのままトップでチェッカーを受けた。

その一方、2番手以下は大混戦。まず2周目に小島が大河原をかわして2番手に上がると、3周目には辻と小池田が3番手の大河原をかわして順位を上げる。さらに小池田は5周目に辻をパスして、そのまま小島との差を詰め、10周目に2番手へ。それに続き、辻も小島をかわし3番手に浮上する。そしてレース終盤、小池田、辻に、後方から追い上げてきた高濱が加わり、三つ巴のバトルへと進展し、決着は最終ラップへともつれ込む。

そのなかで高濱の勢いは止まらず、辻をかわすと、今度は小池田を攻め立てる。小池田もそれをガードしながらゴールを目指すが、16番ポストでインを突いた高濱と小池田が接触。小池田が大きくはらみ、高濱、さらに辻にかわされ、そのまま2位高濱、3位辻、4位小池田の順でチェッカーとなった。

釘村は、16周目に大河原をかわして5位、大河原は6位。また、小島は10周目に2番手を奪われた後、大きく順位を落とし最後は9位。出原は8番手を守っていたが、中盤以降にポジションを落とし10位となった。

第2ヒート、ホールショットを奪ったのは高濱。その後に小島、釘村、加賀真一(スズキ)、小池田、出原と、ヤマハ勢が上位でスタートを切る。しかしこのレースも、高濱が序盤で2番手以下を大きく引き離し、そのまま優勝を飾って総合優勝を果たした。

しかし2番手以下は再び混戦となる。2周目、小島、加賀、釘村、戸田蔵人(スズキ)、小池田というオーダーでレースを展開。そのなかでレースが動き出だしたのは4周目。加賀が小島をかわし2番手へ、さらに戸田が3番手に上がる。一方6番手の小池田は、11周目までに小島、釘村をパスして4番手に上がると、さらに3番手の戸田に接近し、15周目にこれをかわす。その後小池田は、加賀にも迫り最終ラップにアタックをかけるが、及ばず、2位加賀、3位小池田となった。

5番手を走行していた釘村は、ラストラップにミスして順位を落とし6位。8番手まで順位を下げていた小島は、最終ラップに出原をかわし7位、出原は8位、大河原は10位となった。

RESULT Race.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 増田 一将 TEAM HRC Honda 33'20.421
2 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 33'25.992
3 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 33'27.044
4 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 33'28.873
5 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 33'38.102
6 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 33'40.390
7 田中 教世 Team SUZUKI Suzuki 33'54.033
8 中山 裕 セキソーレーシング Suzuki 33'58.049
9 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 34'00.457
10 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 34'01.661
11 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 34'12.938
12 田島 久志 YOU SPORT&メテオール Honda 34'25.805
13 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 34'27.407
14 沼田 誠司 TEAM JUDGEMENT Honda 34'31.017
15 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 34'51.440
16 戸田 蔵人 Team SRM Suzuki 34'51.801
17 今井 隆充 オーナメント・グラスライダース Suzuki 33'44.515
18 本田 太一 TEAM CR Honda 33'53.118
19 中島 敬則 クラブヤマハレーシングチーム鷹 Yamaha 33'56.133
20 下家 研二 ミカホスポーツ Suzuki 34'06.001

RESULT Race.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 33'18.139
2 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 33'29.888
3 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 33'32.097
4 戸田 蔵人 Team SRM Suzuki 33'36.575
5 増田 一将 TEAM HRC Honda 33'38.187
6 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 33'38.844
7 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 33'40.212
8 田島 久志 YOU SPORT&メテオール Honda 33'41.096
9 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 33'42.037
10 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 33'54.559
11 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 34'00.903
12 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 34'16.908
13 中山 裕 セキソーレーシング Suzuki 34'23.936
14 田中 教世 Team SUZUKI Suzuki 34'45.475
15 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 35'00.629
16 沼田 誠司 TEAM JUDGEMENT Honda 35'07.878
17 中島 敬則 クラブヤマハレーシングチーム鷹 Yamaha 33'33.989
18 小田切 一剛 TES Honda 33'56.582
19 本田 太一 TEAM CR Honda 33'45.593
20 岩本 慎平 AKIRA WATANABE Racing Suzuki 33'45.704

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小池田 猛 Yamaha 237
2 高濱 龍一郎 Honda 226
3 増田 一将 Honda 214
4 辻 健二郎 Honda 199
5 釘村 太一 Yamaha 177
6 小島 太久摩 Yamaha 171
8 出原 忍 Yamaha 155
9 大河原 功次 Yamaha 141
22 中島 敬則 Yamaha 20

COMMENT

小池田猛選手談(4位/3位)

「相性の良いコースだったので、優勝を狙っていたけれど、両ヒートともスタートが決まらず、追い上げのレースになってしまった。第1ヒートは、2番手を走行中のラストラップで高濱選手にインを突かれ、バランスを崩した隙に4位になってしまったし、第2ヒートでは2番手の加賀選手を追い詰めながら、捕らえることができなかった。どちらも厳しいレースだったが、それがレースだし、最後の詰めが甘く、両ヒートとも2位を逃し、とれるポイントを失ってしまったのが悔やまれる。今日の高濱選手はとても乗れていて、今後も強敵になると思うが、レースやコンディションなどの条件で走りは大きく変わるので、この結果が続くとは思っていない。次のレースは、自分にとって条件が不利なコースだが、こんな時でもしっかりとポイントをとれるレースをしたいし、もちろん表彰台も狙っていくつもりだ」

釘村太一選手談(5位/6位)

「両ヒートとも、前を走るライダーのミスを待つばかりで、思い切りの良い走りができなかった。こうなってしまった理由には、今日の路面コンディションに、少し臆病になっていたし、自分のなかで、ポジションをキープしようという守りの意識もあったといえる。しかし、マシンはどんどんフィットしており、自分でもビックリするようなタイムも出るようになったし、いままで無理をしていた場面でも、マシンをコントロールできるようになってきた。だからこそ安定した成績が残せているのだと思う。後自分に足りないのは、攻める気持だけ。次の藤沢は上を目指そうという気持をうまく引き出すにはもってこいのレース。事前テストでは良いセッティングも見つけることができたし、自分としても得意なコースなので、スタートから攻めていき、なんとしても初優勝を獲得したい」

小島太久摩選手談(9位/7位)

「第1ヒートはマシンのセッティングが合わず、中盤以降にマシンを抑えることができず苦しんだ。第2ヒートは自分のラインを持たずに走ってしまったので、ペースを崩し、順位を落としてしまった。それに前回のレースで表彰台を獲得したということで、優勝にこだわりすぎて、前へ前へという気持ちが強くなり、まったく自分の走りができなかったし、精神面でとても大きなマイナスを生んでしまった。確かに前にいく気持ちは大切だと思うが、それ以上に大切なのは自分の走りをすることだと気づいたし、やはりトップを取るということは甘くない。次回の藤沢まではあまり時間はないけれど、もう一度序盤戦での気持ちを思い出し、また走り込みを行って、上位でフィニッシュできるように頑張りたい」

出原忍選手談(10位/9位)

「今回は暑さもあって、中盤以降体力的に消耗が大きく、後半の勝負どころでバイクをうまくコントロールするだけの力がなくなってしまった。ただ、前回のレースに続き、序盤は勝負できる力をはっきりと感じることができたので、今後はスタートでもっと前にでて、序盤から勝負することが課題となるだろう。シリーズも後半に入り、序盤に比べIA1のレースにも慣れてきたので、後半は序盤で3位に入った時のように勢いだけではなく、しっかりしたレースの組み立てしながら、上位に入れるようなレースをしたいと思う」

大河原功次選手談(6位/10位)

「今回も予選で転倒してしまい、決勝のグリッドは悪かったが、第1ヒートでは良いスタートを切ることができた。しかし、すぐに順位を落としてしまった。昨年ならば、落ち着いて後半勝負したが、今年は結果がでていないこともあり、焦りが生じて無理に抜き返そうとしてミスをし、さらに順位を下げてしまう。それにまだまだトップスピード、体力が不十分で、ラインをみる余裕がなく、常に限界の状態で走っているのも、成績が出ない原因だ。昨年は確実にポイントをとることを目標に走っていたが、それが自分の走りを続けていくことになり、成績につながっていた。しかし今年は、昨年ランキング3位となったことで、ポイントだけでなく、成績を残したいと気負っている。次の藤沢では成績ではなく、自分が納得できる走りをすることで、後半にうまくつなげたいと思う」

光安鉄美、ジュビロ・レーシング・チーム監督談

「今回の小池田選手は、両ヒートで惜しいレースとなった。特に第1ヒートは2番手を走っていただけに最後の逆転は本人には悔やまれるだろう。ただ、レースには流れがあり、その流れが高濱選手あったということで、今回はしょうがないと思う。第2ヒートも2位に上がるチャンスがあったが3位となり、ライダーとしては消化不良の状態だろう。ただ、不運ではあったが、大崩れすることなく総合3位となったことは良かったと思う。
釘村選手と出原選手はともに、順位を上げても、下げても、ある程度の上位の成績を出している。ただこれが、彼らの現状の実力だといえる。ここからさらに上を目指すには、今よりもさらに濃い内容の練習をしていかなければならない。十分上位を狙える実力を持っているので、頑張ってほしい。
小島選手は、ここまで順調に伸びてきて、今回は少し自分の力を過信しすぎていたと思う。このレースを教訓とし、今後自分に何が足りないかをしっかり考え、次のレースに臨んでほしい」

ページ
先頭へ