本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



全日本モトクロス選手権 IA1

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどIA1に関する情報をお届けします。

Rd.04 5月15日 中国

RACE DATA

■大会名称:2005全日本モトクロス選手権第4戦中国大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2005年5月15日(日)
■開催地:広島県/世羅グリーンパーク弘楽園
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ

REPORT

小島が総合3位を獲得!

全日本モトクロス選手権第4戦中国大会がグリーンパーク弘楽園(広島県)にて開催された。ここ2戦ヤマハライダーたちの活躍が目立つレースが続き、ジュビロ・レーシング・チームの小池田猛がランキングトップをキープ。この大会でもさらなる活躍に期待がかかった。

第1ヒート、ホールショットを奪ったのは大河原功次、続いて戸田蔵人(スズキ)、出原忍、小池田、田島久(ホンダ)、小島太久摩というオーダーでレースが始まる。しかし3周目には戸田、6周目には小島がトップに立ち、序盤からめまぐるしい動きを見せながらレースは展開される。そして8周目、後方から順位を上げてきた増田が小島をかわしトップに立つ。増田はそのまま独走態勢を築くかに見えたが、後方から追い上げてきた辻健二郎(ホンダ)が小島をかわし2番手に上がると、増田との差を徐々に縮めながら追い上げ、独走に待ったをかける。

一方3番手以下も混戦に。順位を落としながらも離されることなく5番手をキープしていた大河原が、戸田、さらに3番手の小島をかわし順位を上げると、食らいついてくる小島、後方から順位を上げてきた加賀真一(スズキ)を振り切り、今季初の3位表彰台を獲得した。小島はラスト2周で加賀にかわされ5位でフィニッシュとなった。

トップ争いは、驚異的なスピードで辻が増田を追いつめると、ラストラップで捕らえそのまま、辻が今季初優勝を飾った。

出原は、後半まで7番手を走行していたが、ラスト3周で二人にかわされ9位でフィニッシュ。小池田は2周目4番手走行中に転倒、その後さらに転倒して10位。釘村太一はスタート直後に転倒しその後追い上げて13位となっている。

第2ヒート、好スタートを切ったのは釘村、大河原。そして1周目を終えると順位は変わり、戸田、大河原、増田、小池田、小島となるが、4周目には増田がトップを奪い、1周目を7番手で終えた辻が追い上げて5周目に2番手に立つと、トップ争いは増田と辻が競り合う第1ヒートと同じ展開となる。

そして3番手以下も、後半激しいレースを展開。そのなかでも目立ったのが小島、そして小池田の二人だった。小島は6周目に4番手に上がった後、16周目には加賀をかわし3番手に浮上、今季初の表彰台に向かって周回を重ねる。2周目で順位を8番手まで落としていた小池田は、一人一人丁寧にかわしていき、14周目には小島の後方に付くと、徐々にその差を縮め、18周目の最終コーナーで小池田がかわし、小池田3位、小島4位でフィニッシュとなった。優勝は、最後まで辻の追撃しのいだ増田が獲得した。

釘村はスタート後トップに立っていたが、1周目で順位を落としてしまい7位。大河原は16周目、6番手を走行中に転倒して最後は10位でフィニッシュ。出原は12位となっている。

RESULT Race.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 33'30.475
2 増田 一将 TEAM HRC Honda 33'30.546
3 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 33'54.199
4 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 33'56.558
5 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 33'59.753
6 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 34'00.409
7 戸田 蔵人 Team SRM Suzuki 34'01.893
8 田島 久 YOU SPORT&メテオール Honda 34'05.901
9 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 34'12.736
10 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 34'26.000
11 高須 庸市 Team SSC Suzuki 34'26.113
12 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 34'33.073
13 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 34'34.629
14 山本 堅市 Team SSC with XP Suzuki 34'38.367
15 中山 裕 セキソーレーシング Suzuki 34'55.812
16 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 35'22.425
17 中島 敬則 クラブヤマハレーシングチーム鷹 Yamaha 33'45.065
18 今井 隆充 オーナメント・グラスライダース Suzuki 33'58.108
19 池田 孝宏 Red club うず潮RC福山 Honda 34'01.909
20 宮村 大輔 Team SSC with XP Suzuki 34'16.641

RESULT Race.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 増田 一将 TEAM HRC Honda 33'33.187
2 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 33'34.040
3 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 34'14.035
4 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 34'16.907
5 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 34'18.387
6 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 34'22.453
7 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 34'28.310
8 田島 久 YOU SPORT&メテオール Honda 34'28.440
9 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 34'41.271
10 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 34'47.965
11 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 34'49.953
12 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 34'51.660
13 戸田 蔵人 Team SRM Suzuki 34'52.761
14 山本 堅市 Team SSC with XP Suzuki 34'07.665
15 高須 庸市 Team SSC Suzuki 35'08.359
16 中山 裕 セキソーレーシング Suzuki 33'50.218
17 宮村 大輔 Team SSC with XP Suzuki 34'19.702
18 中島 敬則 クラブヤマハレーシングチーム鷹 Yamaha 34'21.543
19 今井 隆充 オーナメント・グラスライダース Suzuki 34'24.629
20 岩本 慎平 AKIRA WATANABE racing Suzuki 34'29.148

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 辻 健二郎 Honda 156
2 小池田 猛 Yamaha 154
3 高濱 龍一郎 Honda 151
4 増田 一将 Honda 147
5 釘村 太一 Yamaha 116
6 小島 太久摩 Yamaha 105
7 出原 忍 Yamaha 101
8 大河原 功次 Yamaha 95
22 中島 敬則 Yamaha 8

COMMENT

小島太久摩選手談(5位/4位)

「まだ、自分には後方から追い上げて、トップ争いができるだけの実力がないので、とにかくスタートで前にでることが非常に大切。だからスタートは、以前と少し方法を変え、前に出ることができるようになってきた。その結果が今日の成績にもつながったと思う。ただ、第2ヒートは最後に小池田さんにかわされてしまったことは悔しくてたまらない。まだまだ精神的な強さや、経験の差があると感じさせられたレースとなった。また今回は、第1ヒートではトップを走れたし、両ヒートとも最後まで上位で競ったレースができたので、さらに自信を高めることができ、毎戦自分の掲げる課題を少しずつクリアしている実感を得ている。だからこそレースが楽しくてしょうがない。次の九州大会まではあっという間だと思うが、このインターバルにトレーニングをしっかりして、次こそ表彰台に立ちたいと思う」

小池田猛選手談(10位/3位)

「第1ヒートの転倒は、前を走るライダーの跳ね上げた埃でラインが見えなくなり、バンクヘの入り方をミスしたのだが、実は4番手でスタートして、そこから少しでも早いうちにトップへいきたいという焦りがあったと思う。そこから落ち着いて走ることができれば良かったが、さらに焦りが増して、再び転倒。完全に悪循環にはまってしまった。第2ヒートはスタートは良かったが、1周目の混戦でうまくポジションをキープできなかった。しかし順位が落ち着いた後は、状況を把握し、一人一人丁寧にかわしていくことで3位まで挽回することができた。この状況からは3位に入れたことは満足しているが、調子も良かったし、今回は増田選手、辻選手が良い走りをしていただけに悔しさはある。今後は彼らとも戦うこともあるだろうが、それに劣らないバトルをしたいし、もちろん勝利で終われるように頑張っていきたい」

釘村太一選手談(13位/7位)

「第1ヒートはスタート直後に接触して転倒。第2ヒートはホールショットがとれたが、ジャンプを飛び過ぎて、ラインに入れず大きく順位を下げてしまった。あれさえがなければその後の展開も変わっていたと思うし、好スタートを生かし切れなかったのは残念だ。体調、マシンともに好調で、良いタイムもでるが、前のライダーのペースに合わせてしまったり、ちょっと後ろから攻められると焦ってラインを外したりと、自分の悪いところばかりが目立ってしまった。今大会までのインターバルが長く、自分なりに良い調整ができていたのに、結果が出ずに悔しい。良くも悪くも次につながる材料があれば納得できるのだか、今回はそれが見つからず、悔しさだけが残っている。走りが消極的だったのかもしれない。世界選手権では気分転換を図るとともに、レベルアップのためにベスト尽くし、次の九州大会につながるような走りをしたい」

出原忍選手談(9位/12位)

「ここ2戦、スタートはもちろん、レース全般に渡って納得の走りができていたので、今日の結果はふがいないものとなってしまった。何が原因なのか具体的にはわからないが、マシンに乗りきれておらず、完全にリズムを失っていた。地元が近く、応援してくれるファンの方が多かっただけに、その期待に応えられず悔しさばかりが残る。ただ一つ、今回もスタートは自分の納得いくパフォーマンスができたことは今後につながると思う。次の九州ではもう一度自分の走りを見つめ直し、序盤のような走りを取り戻したい」

大河原功次選手談(3位/10位)

「序盤の2戦で成績を残せず、関東では最後で順位を落としてしまうなど、なかなか思うような結果を残せなかったので、今回自分を支えてくれたチームスタッフや応援してくれるファンの方に3位という結果を見せることができてホッとしている。レースの展開も、順位を落とした後、我慢してついていけたし、相手のラインを見て冷静にチャンスを探し後半勝負、というレースプランをしっかり実行できたことにも満足している。今後上位を狙っていくうえでも良いきっかけになるはずだ。今シーズンは、ヤマハライダーが好調をキープしているので、負けられないという気持が強く、自分にとって良い刺激となっているので、それをモチベーションに変えて、コンスタントに上位入賞できるように努力していきたい」

光安鉄美、ジュビロ・レーシング・チーム監督談

「今日一番光っていたのはやはり小島選手。これまで4レース戦って、着実にレベルアップを果たしている。最初の頃は中盤当たりまでしか上位で戦えなかったのが、20分に伸び、今回は25分まで伸びてきた。あと5分頑張れば、表彰台を確実にとることができるだろう。この進歩は、チーム内での競争のなかで生まれた悔しさをバネに、小島選手が努力しているからだと言える。今後は守るのではなく、逃げ切る力が必要だということ。それは攻撃的な走りを意味し、それが実現するならがさらに上位のライダーに追いつくということも意味している。ただこの壁を越えるのは簡単ではないが、監督としては小島選手がどこまでやれるかが楽しみだ。
他のライダーに関しては、スタートで良い位置につけながら、序盤で崩れていくシーンが多かった。ここまでの好調をキープしようと少し力み過ぎているという部分もあるだろうが、この結果を忘れずに、悔しさを九州大会にぶつけてほしいと思う」

ページ
先頭へ