本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA1

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどIA1に関する情報をお届けします。

Rd.02 4月17日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2005全日本モトクロス選手権第2戦SUGO大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2005年4月17日(日)
■開催地:宮城県スポーツランドSUGO
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ

REPORT

第1ヒート釘村が3位
第2ヒートは小池田2位、出原3位

全日本モトクロス選手権・第2戦SUGO大会がスポーツランドSUGO(宮城県)で開催された。

第1ヒート、ホールショットは釘村太一。しかし第2コーナー以降次々と順位が入れ替わり、1周目を終えると、増田一将(ホンダ)、辻賢二郎(ホンダ)、大河原功次、小池田猛、釘村、小島太久摩、出原忍というオーダーとなる。そしてこのうち上位の5人が抜け出し、それぞれが等間隔を保ったままレースを進める。

レースが動いたのは8周目、小池田が大河原をかわし3番手へ、さらにペースアップする小池田は10周目に辻をかわし2番手へ上がる。ところが11周目にフープスで転倒。ブレーキやハンドルが損傷しながらも走り続け7位でレースを終えた。

一方5番手の釘村は9周目に大河原をかわし4番手にポジションアップ。さらに小池田の転倒で3番手に浮上する。その後は危なげない安定した走りで、今季初の表彰台となる3位を獲得した。大河原は釘村にかわされた後も順位を落とし10位。その大河原を最終ラップでかわした小島は9位。出原は11位でレースを終えた。優勝は1周目からトップを守り続けた増田、2位は辻となった。

第2ヒート、ホールショットは釘村、その後に中村、増田、小島という順位でレースがスタート。しかし1周目、釘村をかわしてトップに立った中村が転倒し、そこに増田が接触するアクシデントが発生。その後増田がコース上から動けない状態が続いたため、2周目終了と同時に赤旗が振られ、再スタートとなった。

2回目のスタートは、釘村が再びホールショットを奪い、続いて出原、高濱龍一郎(ホンダ)、大河原が続く。2周目に高濱にトップを奪われてしまうものの、釘村、大河原、田中教世(スズキ)、出原、小島、小池田とヤマハライダーが上位を占めレースが展開される。まず後方グループの小島が前に出て出原、小池田を引っ張り4番手の田中をかわす。すると今度は小池田がチームメイトを次々とかわし11周目にはついに釘村も抜いて2番手に上がり、約10秒先をいく高濱の追撃を始める。その後は周回ごとに約2秒づつ詰めていくものの後一歩及ばず、高濱に次ぐ2位でフィニッシュとなった。

一方熾烈を極めたのが3位争い。釘村が後方からの大河原のプッシュをかわしていたものの、その大河原を抜いた出原が今度は釘村を攻め、15周目に抜きつ抜かれつのデッドヒートを展開した末、出原が前にでてそのままポジションを守り3位を獲得。旧国際A級250ccを含め国内最高峰クラスで初の表彰台となった。4位は釘村、5位は大河原、6番手をキープしていた小島は後半中村にかわされて7位となった。またこの第2戦終了時点で1ポイント差ながら、小池田がIA1のランキングトップに立った。

RESULT Race.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 増田 一将 TEAM HRC Honda 33'48.389
2 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 33'58.898
3 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 34'12.595
4 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 34'14.977
5 中村 友則 K.R.T Kawasaki 34'20.503
6 田中 教世 Team SUZUKI Suzuki 34'32.495
7 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 34'34.319
8 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 34'34.884
9 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 34'35.280
10 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 34'37.561
11 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 34'49.134
12 戸田 蔵人 Team SRM Suzuki 34'50.723
13 勝谷 武史 世田谷レーシング Suzuki 34'58.218
14 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 35'07.165
15 田島 久 YOU SPORT&メテオール Honda 35'18.765
16 高須 庸市 Team SSC Suzuki 35'20.288
17 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 35'47.000
18 小方 誠 SEKI Racing MotoRoman Honda 34'01.032
19 今井 隆充 オーナメント・グラスライダース Suzuki 34'42.198
20 池田 孝宏 Red club うず潮RC福山 Honda 34'47.749

RESULT Race.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 高濱 龍一郎 Honda DREAM RT Honda 32'25.273
2 小池田 猛 Jubilo RT Yamaha 32'29.221
3 出原 忍 Jubilo RT Yamaha 32'34.529
4 釘村 太一 Jubilo RT Yamaha 32'35.831
5 大河原 功次 大河原レーシング Yamaha 32'36.989
6 中村 友則 K.R.T Kawasaki 32'37.649
7 小島 太久摩 Jubilo RT Yamaha 32'38.930
8 田島 久 YOU SPORT&メテオール Honda 32'41.367
9 戸田 蔵人 Team S R M Suzuki 32'56.615
10 勝谷 武史 世田谷レーシング Suzuki 32'56.708
11 小方 誠 SEKI Racing MotoRoman Honda 33'07.552
12 高須 庸市 Team SSC Suzuki 33'09.570
13 平塚 雅樹 SEKI Racing MotoRoman Honda 33'12.764
14 納屋 望 Team SRF三重 Suzuki 33'14.737
15 田中 教世 Team SUZUKI Suzuki 33'20.428
16 辻 健二郎 TEAM HRC Honda 33'49.931
17 加賀 真一 Team SUZUKI Suzuki 33'53.797
18 今井 隆充 オーナメント・グラスライダース Suzuki 34'33.552
19 鈴木 伸也 SRFスポーツ東北&SHOEI岩手REST Suzuki 32'48.629
20 河瀬 英明 KRC-カワセレーシング Honda 32'49.241

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小池田 猛 Yamaha 76
2 増田 一将 Honda 75
3 高濱 龍一郎 Honda 74
4 中村 友則 Kawasaki 69
4 辻 健二郎 Honda 69
6 釘村 太一 Yamaha 60
8 出原 忍 Yamaha 48
9 小島 太久摩 Yamaha 46
12 大河原 功次 Yamaha 43
24 中島 敬則 Yamaha 1

COMMENT

釘村太一選手談(3位/4位)

「今回は予選、決勝を通し、非常に良いスタートが切れた。シーズンオフでアメリカのローカルレースに出場した時、コンクリートスタートの経験を積み、自信を持つことができたことが大きい。第2ヒート、好スタートからトップを走ったとき、後続を離して、きっと勝つときはこういうものかなと感じた。結局赤旗で再スタートとなったが集中力を切らさずもう一度良いスタートが切れた。しかしレースでは、ラインを外れるなどミスが多く、順位を落としてしまった。3位争いでも結局自分がインを開けて出原選手に抜かれてしまった。こういうミスをなくさなければ優勝はできないと実感した。負けて表彰台を逃したのは悔しいが、出原選手とのバトルは楽しかった。次は3位でではなく優勝を争うバトルがしたい」

小池田猛選手談(7位/2位)

「第1ヒートは辻選手をかわし、増田選手とも差が縮まっていたので、ここからだと思ったところで転倒。フープスの速いラインがわかっていたのでそこに入ったら、コブのてっぺんに着地してしまいそのままフロントが滑ってしまった。その後はハンドルが曲がり、フロントブレーキが効かないとい状況だったので無理せず完走することを目指した。第2ヒートは増田選手がいなかったので何としてトップでという気持があった。レースはヤマハライダーのなかで一番最後だったが、とにかくトップの高濱選手だけを見て走った。途中みんなが激しくバトルをしていたので、自分としては落ち着いて攻めていったが、2番手に上がった時点でのハンデが大きすぎた。今回の成績には満足いかないが、走りの質に関しては手応えを感じている。またランキングトップに立てたのには驚きだった。これを今後も守れるように頑張っていきたい」

出原忍選手談(11位/3位)

「第1ヒートは3回エンストして順位を落としたので、第2ヒートではラインを大きめにとって、スピードをのせて走ったのが良い結果につながったと思う。チームメイトとのバトルが続いたが、集団のなかでは冷静さを失わないように心がけつつ、体力には自信があったので終盤で勝負するラインを探した。うまく3位に入れたが、小池田選手に抜かれたときも相手のペースが速いのは分かっていたし、体力には自信があったので後半追いつこうと思っていた。だから表彰台に上がれたのはうれしいが、小池田選手の姿が見えていただけに、悔しさも大きい。今後の課題は1周目で順位を下げても、自分でペースをコントロールできるようになることだ」

小島太久摩選手談(9位/7位)

「開幕戦に比べて随分スタートは良くなってきていると思うし、第2ヒートは最終ラップにベストタイムがでたように、レース後半も粘り強く、我慢して走ることができたのは非常に自分としては手応えを感じている。ただ課題はレースの中盤。今回第2ヒートでは大河原さんのペースにはまってしまい自分のペースを崩してしまったり、勝負どころでミスをしてしまった。今回は特にヤマハのライダーと上位で一緒に走って良い刺激になった一方、今回走ったなかで自分だけ表彰台に上がっていないので非常に悔しい思いがある。関東はそんなに得意なコースではないが、今度は自分が表彰台に立てるように頑張りたい」

大河原功次選手(10位/5位)

「今回は、開幕戦に比べスタートこそ良い感じで出ることができたが、両ヒートとも勝負どころで力を発揮できなかった。トップスピードを持続する力が不足しているし、ラインの取り方などで無駄な体力を使ってしまった。ただ、今回は体力的にきつい状況のなかでけがなく終われたことが唯一の救いだ。次回は1週間後なので、気持を切り替えて、やるべきことをやるだけ」

光安鉄美、ジュビロ・レーシング・チーム監督談

「小池田選手、釘村選手、出原選手、小島選手、大河原選手と今回はそれぞれが上位に絡み、素晴らしい走りを見せてくれた。特に第2ヒートのようにチーム内で激しく戦いながらのレースをしていければ、ファンの皆さんにも喜んでもらえるし、優勝できる日も近いだろう。ただそれよりも、お互いのポテンシャル、マシンのポテンシャルを認識し合っているチームメイトと勝負することで、チーム内の競争意識が高まってくれればと思う。きっと彼らのなかではそういったものをはっきりと感じているはずである。次回もこのような戦いを期待したい」

ページ
先頭へ