NEWS

1985年「ヤマハTECH21チーム」復刻カラーのYZF-R1で鈴鹿8耐5連覇を目指す

ヤマハ発動機株式会社は、2019年7月25~28日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会に、大会5連覇を目指すファクトリー体制の「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)にレギュラー参戦する「#7 YART Yamaha Official EWC Team」が出場します。

ファクトリーチームの「YZF-R1」は、今年で発売から21周年を迎えたことに合わせ、当社のエースゼッケン「21」のオリジンであり、1985年の鈴鹿8耐に参戦した「ヤマハTECH21チーム*」の復刻カラーで出場します。

*資生堂が販売していた男性化粧品ブランド「SHISEIDO TECH21」が再び販売されるわけではありません。

「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、2017年以来3大会連続となる中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人が出場し、鈴鹿8耐5連覇を目指します。監督は、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留監督です。

EWCのレギュラーチームで第3戦を終えランキング4位につける「#7 YART Yamaha Official EWC Team」からは、ブロック・パークス選手、マービン・フリッツ選手、ニッコロ・カネパ選手の3人が出場します。

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

中須賀克行選手談

「「今年はYZF-R1にとってヤマハのエースゼッケンと同じ21周年ということで、ヤマハTECH21チームのカラーが採用されましたが、鈴鹿8耐を象徴するカラーでの参戦となり、非常に身の引き締まる思いです。ヤマハ TECH21チームが活躍した1985-1990年は私も幼く、当時をよく知らない世代ですが、日本のレース史で最も熱い時代であったことは知っています。5連覇はもちろん、レース界に携わる一人のライダーとして、ライバルと一緒に当時の熱狂を取り戻せるようなレースを目指し全力を尽くします。ぜひ鈴鹿でお会いしましょう」

アレックス・ローズ選手談

「今年もヤマハで鈴鹿8耐に出場できることをとても光栄に思います。ここ数年同じメンバーで出場しているのでお互いよく理解しており、気の合う最高のチームで5連勝を目指してがんばります。また、新しいTECH21カラーにもワクワクしています。実物を見るのが本当に楽しみだし、今から本番が待ちきれません」

マイケル・ファン・デル・マーク選手談

「今年も再び鈴鹿8耐に参戦できることをとてもうれしく思いますし、中須賀選手、ローズ選手とともにYAMAHA FACTORY RACING TEAMの一員になれたことを誇りに思います。僕たちの目標はもちろん5連覇です。とても厳しい戦いになると思いますが、楽しみでもありますし、ここ数年の特別な思い出とともに全力でがんばります。また今年は、TECH21スペシャルカラーのYZF-R1に乗ることができるので、本当に特別なウィークになると思います。8耐で日本のファンの皆さんに会えることを楽しみにしています」

#7 YART Yamaha Official EWC Team

ブロック・パークス選手談

「今年はEWCに加え、アジアロードレース選手権にも参戦し、YZF-R1に乗る機会も増えて走りのフィーリングなど非常によい状態です。鈴鹿8耐はファクトリーが多数参戦するため、他の大会に比べて難しいレースになりますが、YARTにとっても最高のステージなので、最後まで諦めず上位完走、そして表彰台を目指してがんばります」

マービン・フリッツ選手

「鈴鹿は非常にテクニカルなサーキットですが、今年で3回目となり毎年うまく走れるようになっているのでとても楽しみにしています。昨年の鈴鹿は残念ながらリタイアとなりました。しかし今年は表彰台を目標に最後まで走りきり、R1のポテンシャル、そしてヤマハEWCレギュラーチームとしての実力をモータースポーツファンに示します」

ニッコロ・カネパ選手談

「YARTに移籍してはじめてのシーズンですが、すでに溶け込みスタッフやチームメイトとよい関係を築けています。鈴鹿8耐は、2017年のチャンピオン獲得など特別な思い出のある大会。EWCの最終戦であり、多くのファンが詰めかけてくれるので、最高のパフォーマンスでしっかり成績を残し、有終の美を飾りたいと思います」