YAMAHA TEAMS

#21YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  • マシンYZF-R1
  • タイヤブリヂストン
#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

ヤマハ発動機創立60周年となる2015年、新型YZF-R1の発売とともにヤマハのエースナンバー「21」をつけて、2002年以来、13年ぶりに復活し4連覇を遂げた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」。

そのリスタートをきった38回大会では、全日本トップライダーである中須賀克行と、MotoGPライダーのポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスが、1996年の芳賀紀行/コーリン・エドワーズ以来、19年ぶり5回目の優勝を遂げる。続く39回大会では、中須賀、エスパルガロに、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦するアレックス・ローズを加えた布陣で、1987年のマーチン・ウイマー/ケビン・マギー、1988年のウェイン・レイニー/ケビン・マギーにより達成された鈴鹿8耐2連覇を再現。さらに2017年の40回記念大会では、中須賀、ローズに、マイケル・ファン・デル・マークというR1ライダーを揃え、先人たちも成し得ることができなかった「3連覇」を達成し、新たな歴史を刻むと同時にR1の「真価」を見せつけた。

1998年の発売から20周年を迎えた「YZF-R1」の存在を改めて世に知らしめるべく「4連覇」を目指した41回大会では、2017年に続き中須賀、ローズ、ファン・デル・マークの3人がエントリー。決勝は、柱である中須賀が怪我より欠場するアクシデントに見舞われたが、チーム一丸となって乗り切り4連覇でR1の20周年に華を添えた。

今年の42回大会は、3大会連続となる中須賀、ローズ、ファン・デル・マークというメンバーを起用。マシンは、全日本、鈴鹿8耐と2015年からの膨大なデータをもとに、信頼性、燃費効率、走行性能などあらゆる要素を磨き上げたファクトリー仕様の「YZF-R1」。さらにチームカラーは、R1誕生21周年に合わせ、エースナンバー「21」のオリジンとなった1985年の「ヤマハ TECH21 チーム」復刻カラー採用。大会5連覇を最大のミッションに掲げるとともに、日本でモータースポーツが最も熱かった時代を象徴するTECH21カラーで、再び熱狂の時代を取り戻すことが目標となる。

*資生堂が販売していた男性化粧品ブランド「SHISEIDO TECH21」が再び販売されるわけではありません。


Katsuyuki Nakasuga

Katsuyuki Nakasuga中須賀 克行

  • 所属県福岡県
  • 生年月日1981年8月9日

全日本ロードレース選手権の最高峰JSB1000で5連覇を含む通算8回のチャンピオン獲得している全日本トップライダー。鈴鹿8耐は、2005年に第3ライダーとして登録されたが決勝は不出場。初の決勝出場は2006年で、「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が復活した2015年以降は、チームメイトとなる世界のトップライダーの中にあってもその存在は大きく、常にリーダー担い、チームをまとめ、ひっぱりヤマハの8耐4連覇に貢献した。

その4連覇を達成した2018年の大会では、TOP10TRIAL前のフリー走行で負傷して決勝は欠場となったが、2人のチームメイト、スタッフ、そして中須賀自身も裏方としてライダーを精神的に支えるなど優勝。これにより、中須賀は8耐史上最高となる個人4連覇の偉業を達成するとともに、8耐通算優勝回数でも歴代2位(4回)となった。今年は決勝を欠場した昨年の悔しさを晴らすべく、再びチームの先頭に立ち、ヤマハの連勝記録更新、さらには個人歴代トップに並ぶ5回目の優勝を狙う。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2005年全日本JSB1000 ランキング 12位
2006年全日本JSB1000 ランキング 9位リタイア
2007年全日本JSB1000 ランキング 4位リタイア
2008年全日本JSB1000 チャンピオン5位
2009年全日本JSB1000 チャンピオン
2010年全日本JSB1000 ランキング 4位
2011年全日本JSB1000 ランキング 5位リタイア
2012年全日本JSB1000 チャンピオンリタイア
2013年全日本JSB1000 チャンピオン8位
2014年全日本JSB1000 チャンピオン4位
2015年全日本JSB1000 チャンピオン優勝
2016年全日本JSB1000 チャンピオン優勝
2017年全日本JSB1000 ランキング 6位優勝
2018年全日本JSB1000 チャンピオン優勝
Alex Lowes

Alex Lowesアレックス・ローズ

  • 国籍イギリス
  • 生年月日1990年9月14日

2013年にブリティッシュスーパーバイクでチャンピオンを獲得し、翌2014年にSBKへの参戦を開始。2016年から、ヤマハにとって2011年以来のSBK復帰に合わせて設立した「Pata Yamaha Official WorldSBK Team」に加入した。2017年は自身最高のランキング5位、昨年は初優勝を遂げるなどランキング6位とし、今年も表彰台を量産し確実に力をつけている。

鈴鹿8耐への初参戦は2015年で、「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の一員となったのは2016年。中須賀、エスパルガロという実力者の中、キープ&アタックを巧みに使いわける走りで存在感を発揮し、自らのライディングで2連覇のチェッカーを受けた。そして2年目となった2017年の大会は、ライバルとのマッチアップも含め重圧がかかる場面で力強い走りを披露するなど、ヤマハにとって初となる3連覇に貢献。2018年は中須賀不在の中、ライバルとの死闘、そして様々なアクシデントをファン・デル・マークとくぐり抜け、4連覇を引き寄せた。今大会では、SBKやこの8耐で積み上げてきた経験、磨きをかけた速さと安定感で5連覇を引き寄せる。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2008年ヨーロッパ選手権 スーパーストック600 ランキング 16位
2009年ヨーロッパ選手権 スーパーストック1000 ランキング 26位
2010年ブリティッシュスーパースポーツ ランキング 12位
2011年ブリティッシュスーパーバイク ランキング 20位
2012年ブリティッシュスーパーバイク ランキング 4位
2013年ブリティッシュスーパーバイク チャンピオン
2014年スーパーバイク世界選手権 ランキング 11位
2015年スーパーバイク世界選手権 ランキング 10位5位
2016年スーパーバイク世界選手権 ランキング 12位優勝
2017年スーパーバイク世界選手権 ランキング 5位優勝
2018年スーパーバイク世界選手権 ランキング 6位優勝
Michael van der Mark

Michael van der Markマイケル・ファン・デル・マーク

  • 国籍オランダ
  • 生年月日1992年10月26日

ヨーロッパ選手権で実力をつけ、2013年からスーパースポーツ世界選手権への参戦を開始。2年目の2014年にはチャンピオンに輝くと、翌年にはプロダクションレースの最高峰であるSBKにステップアップした。2017年には「Pata Yamaha Official WorldSBK Team」に移籍し、翌年には、ヤマハSBK復帰後初の優勝を遂げるなど、自身最高のランキング3位を獲得した。

鈴鹿8耐は、初参戦となった2013年、続く2014年で連覇。2015-2016年でリタイアとなった後、2017年に「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」に加入。8耐優勝経験者として攻守の走りを巧みに使い分け4連覇に貢献。特に昨年は、怪我で走行できない中須賀に変わってスタートライダーを務めたほか、天候の変化、セーフティーカーの介入など重要な局面での走行を担い耐久レースに高い順応性を示した。今年は、ヤマハ5連覇とともに、中須賀と同様、歴代最高記録に並ぶ個人5回目の優勝に挑む。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2010年ヨーロッパ選手権 スーパーストック600 ランキング 30位
2011年ヨーロッパ選手権 スーパーストック600 ランキング 3位
2012年ヨーロッパ選手権 スーパーストック600 チャンピオン
2013年世界選手権スーパースポーツ ランキング 4位優勝
2014年世界選手権スーパースポーツ チャンピオン優勝
2015年世界選手権スーパーバイク ランキング 7位DNF
2016年世界選手権スーパーバイク ランキング 4位DNF
2017年世界選手権スーパーバイク ランキング 6位優勝
2018年世界選手権スーパーバイク ランキング 3位優勝

YZF-R1

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM