NEWS

YAMAHA FACTORY RACING TEAMが暫定ポールを獲得! TOP10 TRIALでPP、そして3連覇へ!

鈴鹿8耐2日目の7月28日(金)は公式予選が行われ、今年は3人のライダーのそれぞれトップタイムの平均がチームタイムとなり、上位10チームが、7月29日(土)のTOP10 TRIALに進出する。YAMAHA FACTORY RACING TEAMは、中須賀克行が2分6秒779、アレックス・ローズが2分6秒405、マイケル・ファン・デル・マークが2分8秒164でアベレージタイムは2分7秒116となり、チームとして2年連続でTOP10 TRIALの最終出走となった。

また、YART Yamaha Official EWC Teamはブロック・パークスが2分7秒718、野左根航汰が2分8秒056、マービン・フリッツが2分8秒754で、アベレージタイムは2分8秒176となり、総合6番手でTOP10 TRIAL進出を決めた。一方、EWCチャンピオンを狙うGMT94 Yamaha Official EWC Teamは、アベレージタイム2分9秒956で15番グリッドに決勝。明後日の決勝は、このポジションからスタートする。

Overall Qualifying Classification

Pos.No.TeamMachineAvg. Time
1 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 2'07.116
2 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING Suzuki 2'07.523
3 634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda Honda 2'07.538
4 11 Kawasaki Team Green Kawasaki 2'07.867
5 5 F.C.C. TSR Honda Honda 2'07.919
6 7 YART Yamaha Official EWC Team YAMAHA 2'08.176
7 71 Team KAGAYAMA Suzuki 2'08.553
8 19 MORIWAKI MOTUL RACING Honda 2'08.796
9 25 HondaSuzukaRacingTeam Honda 2'08.984
10 22 SatuHATI Honda Team Asia Honda 2'09.295
15 94 GMT94 Yamaha Official EWC Team YAMAHA 2'09.950
17 75 ITO・RACING・GMD & REDGRIFFIN YAMAHA 2'10.262
24 6 Titanium Power HOOTERS Racing YAMAHA 2'11.840
25 74 AKENO SPEED・YAMAHA YAMAHA 2'12.017
39 502 NCXX RACING YAMAHA 2'13.982
42 24 CLEVER WOLF Racing & 3ART YAMAHA 2'14.562
43 99 oosakamobius icuRT99 & OUTRUN & motokids YAMAHA 2'14.653
45 59 HKC & IMT Racing YAMAHA 2'15.227
46 32 TEAM Rabit Transit YAMAHA 2'15.254
47 41 IWATARACINGFAMILY YAMAHA 2'15.289
53 321 Favorite factory + SUZUKA R & D YAMAHA 2'16.037
54 51 T・MOTOKIDS・ALTEC・ICU・KAWAUSO RT YAMAHA 2'16.093
57 65 MOTOBOX KREMER RACING YAMAHA 2'16.394
59 15 Team Etching Factory YAMAHA 2'16.801
62 903 NOI:Z RACING TEAM YAMAHA 2'16.913

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
公式予選総合トップ:2分07秒116

中須賀克行選手談

「鈴鹿8耐らしくない天気が続いていて、この先、このままの天気なのか、8耐らしく暑くなるのか、雨になるのかで作戦が変わってきます。ただ、マシンは3年目なので信頼性が高く、ブリヂストンタイヤの16.5インチも実績があるので心配はしていません。決勝がたとえ雨だったとしても、事前テストでウェットコンディションを走っているから大丈夫。明日はTOP10 TRIALだけれど、チームのベストタイムはアレックスが出しているから彼が最終走者。去年、僕が最終走者だったけれど緊張してタイムが出せなかったのですが、今年はプレッシャーのない出走順。ぜひともいいタイムを出したいですね」

アレックス・ローズ選手談

「いい結果が残せて満足しています。でも、決勝は8時間あって、1周だけじゃないからね......。もちろん予選でトップタイムをマークできたことはうれしいけど、自分としてはあくまでも決勝でコンスタントに走ることに照準を合わせているんだ。YZF-R1は調子がよくて何の問題もないし、チームの雰囲気も最高! ライダーは3人とも速いペースで走れているから、いいレースができるだろう」

マイケル・ファン・デル・マーク選手談

「今日の予選ではチームメイトのアレックスと中須賀さんがすばらしい走りをしてくれた。赤旗もあったけど、ふたりの頑張りのおかげでプレッシャーを感じることなくベストを尽くすことができたよ。残念ながらバックマーカーがたくさんいて、僕はいいタイムを出すことができなかった。YZF-R1のコンディションもいいし、クリアラップさえ取れればもっとタイムを縮められただろう。でも、これが耐久レースだからね。ユーズドタイヤでコンスタントに走ることができたから、決勝に向けていいセッションになったよ」

吉川和多留監督談

「公式予選1回目では、中須賀選手とアレックス選手が前後にニュータイヤを装着し、マイケル選手にはユーズドタイヤで走ってもらいました。マイケル選手は、本来は2分7秒台を記録できるライダーなので2分8秒台に満足はしていないと思いますが、チームのためと納得してもらっています。公式予選2回目は、3人のライダーには最終的なマシンチェックをしてもらい、問題なく公式予選を終了できました。昨年は、攻めの姿勢を打ち出していたアレックス選手も、今年は自ら耐久レースだから、落ち着いて安全に行こうと言ってくれるほどで、いい形でチームはまとまっています」

YART Yamaha Official EWC Team
公式予選総合6番手:2分08秒176

ブロック・パークス選手談

「いい予選になったね。いいタイムで走ることができたし、全般的にYZF-R1の調子もいい。3人ともいいペースでコンスタントに走れているし、明日のTOP10 TRIALに向けてもいいポジションにいる。航汰(野左根選手)はレースウィーク中にも頑張ってどんどんステップアップしてるし、マービン(フリッツ選手)も1秒近くタイムアップしている。ふたりのがんばりは、チームにとってもすごく大事なことなんだ」

マービン・フリッツ選手談

「午前中のフリープラクティスはまずまずのタイムで走れたけど、午後の予選になってからは気温が上がって、ラップタイムを縮めるのが難しくなってしまった。もちろん予選でも一生懸命頑張ったけど、思うようにタイムが上がらなかったね。決勝レースに向けてタイヤをセーブした予選だったから、その中では悪くないかな。航汰(野左根選手)とブロック(パークス選手)がいいタイムを出してくれたから、チーム全体としてはすごくポジティブだよ!」

野左根航汰選手談

「昨日までは全体的にフィーリングが良くなかったのですが、今日の公式予選ではユーズドタイヤで走って、予想していた以上にいい感触だったので安心しました。それと、3人ともアベレージタイムが上がっているので、これまで以上に上位入賞の可能性が高まってきたし、ファクトリーチームに次ぐ安定感のあるチームになりました。EWCでの逆転チャンピオンは、可能性のある限り諦めませんが、まずは自分たちの走りに徹して表彰台を狙い、そしてGMT94とSERTの結果待ちという形にしたいですね」

マンディー・カインツ監督談

「リザルトには満足してる。予選というセッションの中で、やるべきことをきちんとこなせたよ。ブロック(パークス選手)はすばらしいタイムを出してくれた。航汰(野左根選手)は中須賀サンを意識して少しプレッシャーを感じていたようだが、その中でもがんばっている。マービン(フリッツ選手)も全力を尽くしてタイムアップしているね。YZF-R1もブリヂストンタイヤもいいパフォーマンスを見せてくれているし、チームもうまく機能している。ライバルよりいいまとまりを見せていると思うよ!」

GMT94 Yamaha Official EWC Team
公式予選総合15番手:2分09秒950

デビット・チェカ選手談

「2週間前のテストとは違うタイヤを使って、調子はすごくいいんだ。レースをするからには少しでも上をめざしているけど、僕たちのターゲットは鈴鹿8耐で勝つことというより、EWCのチャンピオンを獲得することだ。去年に比べてマシンやライダーを含めて、チームの状態は非常にいい。トップチームに何かない限り表彰台はちょっと難しそうだけど、何があるか分からないのが耐久レースだからね。少しでも前の方を走れるように全力を尽くすよ。あまりチャンピオンシップのことを意識しすぎずに、自分たちのやるべきことをやれば、結果はついてくると思っているんだ」

ニッコロ・カネパ選手談

「僕たちは予選用に何かスペシャルなことをしたわけじゃなくて、あくまでも決勝用にマシンを仕上げながらがんばってタイムアタックしたんだ。その結果として予選ではトップ10に入ることができたから、すごくうれしい。自分自身のタイムも決勝用タイヤで出しものだから、満足してるよ。大事なのは決勝だからね。レースに向けて、準備OKだよ!」

マイク・ディ・メリオ選手談

「予選ではラップタイムを縮めることができて、満足してる。それに、ターゲットはあくまでも決勝だからね。鈴鹿8耐は他とは違う特別なレースだけど、自分たちは何をするべきか理解できている。僕たちの目的である"EWCでナンバー1になること"に向けて、全力を尽くすよ」

クリストフ・グィオ監督談

「予選結果には満足してる。強豪がひしめく鈴鹿8耐でポールポジションを争うのは本当に難しいことだからね。15番手は十分な結果だと思っている。決勝での表彰台争いは難しいかもしれないが、EWCのチャンピオン獲得に向けていいポジションにつけられたよ。今日の走行セッションで特によかったのは、午前中のフリープラクティスだ。ウエットパッチが残る難しいコンディションだったが、いいペースで走ることができた。これは決勝に向けて準備が整っているということだからね。それに、ダンロップがより良いタイヤを用意してくれたことにも満足している。チャンピオン獲得をターゲットに、浮き足立つことなくやるべきことをやるよ」