FACTORY TEAMS

#7YART Yamaha Official EWC Team

  • マシンYZF-R1
  • タイヤブリヂストン
#7 YART Yamaha Official EWC Team

「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」とともにファクトリーチームとして参戦するのが、昨年に続き世界耐久選手権にレギュラー参戦している「#7 YART Yamaha Official EWC Team」だ。

運営母体であるYARTは、オーストリアを拠点とするエンデュランスレースのスペシャリスト集団。2001年より活動を開始し、翌2002年に世界耐久選手権へ本格参戦を開始した。2005年にランキング3位を獲得した後は、2位、3位、2位とチャンピオン争いを繰り広げ、2009年には4勝をあげシリーズチャンピオンに輝いている。

2016-2017シーズンは、開幕戦でDNFとなったが、第2戦のル・マンでは「#94 GMT94 Yamaha Official EWC Team」とトップ争いを繰り広げ2位、さらに第3戦のオッシャースレーベンでも同様に2位としランキングは4位につけている。

鈴鹿8耐では、YARTのレギュラーメンバーに加え、ヤマハのエンジニアがサポートを行うスペシャルな布陣となる。ライダーはレギュラーシーズンを戦う3人で、チームの精神的支柱であり、世界トップを知るベテランのブロック・パークス。ドイツと日本、それぞれ若手というポジションにいながら、すでにトップライダーとして名を馳せるマービン・フリッツと野左根航汰、そしてチームを率いるのがマンディ・カインツだ。「YZF-R1」は、YARTが独自に磨いた耐久レースのノウハウをふんだんに織り込んだマシンをベースに、ヤマハのノウハウをブレンドしたファクトリーマシン。

ヤマハとYART、ベテランと若手が融合し、鈴鹿8耐3連覇、そしてもう一つ、2009年以来、遠ざかっているシリーズチャンピオンの獲得を目指す。

#7 YART Yamaha Official EWC Team
Broc Parkes

Broc Parkesブロック・パークス

  • 国籍オーストラリア
  • 生年月日1981年12月24日

スーパースポーツ世界選手権を中心に参戦、2007年の2位を筆頭に、常にシングルランキングを獲得。その後も、2013年のMotoGPフル参戦をはじめ、YARTの一員として世界耐久選手権に出場するなど、常に世界トップカテゴリでレースを続けてきたベテランライダーだ。

鈴鹿8耐は、2000年に初参戦。その後は2013・2014年に、中須賀克行らとヤマハトップチームの一員として出場した。世界中で修羅場をくぐり抜けてきたその経験から、マシン、タイヤ、コンディションにかかわらず、確実に速いタイムを刻む力があり、2014年、ファクトリーチームとして参戦した2016年とチームを4位に導いた。昨年に続き、今大会も若手2人がチームメイトになるが、精神的な柱となってチームに落ち着きと安定感をもたらし、#21と表彰台の一角にチームを導いてくれるだろう。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2000年17位
2005年世界選手権スーパースポーツ ランキング 5位
2006年世界選手権スーパースポーツ ランキング 4位
2007年世界選手権スーパースポーツ ランキング 2位
2008年世界選手権スーパースポーツ ランキング 5位
2009年世界選手権スーパーバイク ランキング 18位
2010年世界選手権スーパースポーツ ランキング 15位
2011年世界選手権スーパースポーツ ランキング 4位
2012年世界選手権スーパースポーツ ランキング 5位
2013年オーストラリア FXスーパーバイク チャンピオン8位
2014年MotoGP ランキング 23位4位
2015年世界耐久選手権 ランキング 10位リタイア
2016年世界耐久選手権 ランキング 4位4位
Marvin Fritz

Marvin Fritzマービン・フリッツ

  • 所属県ドイツ
  • 生年月日1993年4月10日

ドイツのロードレース選手権IDMを主戦場に戦ってきた若手ライダー。4歳でモトクロスレースを始めたが、2002年(9歳)にロードレースへ転向すると、翌年には国内のミニバイクレースでチャンピオンを獲得。2006年から2010年までIDM125ccで腕を磨き、2009年には自己最高となるランキング2位を獲得した。

2012年にヨーロッパ選手権で600ccへステップアップを果たすと、翌年、再びIDMに戻り、2014年にはYZF-R6でスーパースポーツ600のチャンピオンを獲得し才能を開花。さらに2016年、IDM最高峰のスーパーバイクでチャンピオンとなり、今シーズンから日本の若きトップライダーである野左根航汰と、YARTのレギュラーライダーに抜擢された。

耐久レースの経験はほとんどないが、同年代の野左根と刺激を与え合いながら、第2・3戦とYARTの躍進を支えており、鈴鹿8耐でもウィークを通じて成長を遂げ、好成績の獲得に大きく貢献してくれることだろう。

Racing Careerレースキャリア
成績
2006年IDM 125cc ランキング 11位
2007年IDM 125cc ランキング 3位
2008年IDM 125cc ランキング 4位
2009年IDM 125cc ランキング 2位
2010年IDM 125cc ランキング 6位
2012年ヨーロッパ選手権 スーパーストック600 ランキング 23位
2013年IDMスーパースポーツ600 ランキング 15位
2014年IDMスーパースポーツ600 チャンピオン
2015年IDMスーパーストック1000 ランキング 4位
2016年IDMスーパーバイク チャンピオン
Kohta Nozane

Kohta Nozane野左根 航汰

  • 所属県千葉県
  • 生年月日1995年10月29日

GPライダーである故阿部典史の「チームノリック」出身ライダー。2010年(15歳)にJ-GP3で全日本デビューすると、翌年にはJ-GP2にステップアップ。2013年にチャンピオンを獲得して、2014年から国内最高峰のJSB1000でのチャレンジを開始した。

2015シーズンはヤマハの若手育成チーム「YAMALUBE RACING TEAM」から参戦し3度の表彰台を奪う活躍でランキング7位。昨年はランキング5位と成長を示し、今シーズンより「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」へ加入。さらに「#7 YART Yamaha Official EWC Team」のレギュラーライダーにも抜擢され、世界へ一歩を踏み出した。

鈴鹿8耐は昨年に続き2度目。初の8耐は慣れないパッケージに苦労したが、今年はル・マン24時間、オッシャースレーベン8時間での表彰台獲得に貢献し、耐久の走りも身につけている。今年の8耐では、日本人ライダーの意地を見せ主力として、チームを表彰台、3連覇、シリーズチャンピオンに導いてくれることだろう。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2010年全日本J-GP3 ランキング 9位
2011年全日本J-GP2 ランキング 7位
2012年全日本J-GP2 ランキング 3位
2013年全日本J-GP2 チャンピオン
2014年全日本JSB1000 ランキング 8位
2015年全日本JSB1000 ランキング 7位
2016年全日本JSB1000 ランキング 5位4位

YZF-R1

#7 YART Yamaha Official EWC Team
YART Yamaha Official EWC Team スポンサー一覧