本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.06 9月11日 オートポリス

RACE DATA

■大会名称:2011全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦オートポリス大会
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2011年9月11日(日)
■会場:オートポリスサーキット(4.674Km)
■観客:14,100人
■天候:晴■コース:ドライ
■PP:秋吉 耕佑 (Honda/1分49秒474)
■FL:秋吉 耕佑(1分49秒924)

REPORT

中須賀克行が3位!ランキング4位に浮上

前回のスポーツランドSUGOでの第5戦では、転倒で今季初めてのリタイアとなった中須賀克行だが、今回のオートポリスではケガを堪えての我慢の走りで、3位の表彰台に立った。

第5戦での転倒では大きなケガはなかった中須賀は、オートポリスでの事前テストで転倒し肋骨などを痛め、体調が万全でないままレースウイークを迎えた。こうした中、ノックアウト方式の予選では、最終のクオリファイ3まで残り、決勝レースは6番グリッドからのスタートとなった。

決勝は加賀山就臣(スズキ)のホールショットでレースは始まり、中須賀は、高橋巧(ホンダ)、秋吉耕佑(ホンダ)、柳川明(カワサキ)に次ぐ5番手で第1コーナーに進入。オープニングラップも中須賀は5番手で終えるが、2周目に入った第1コーナーで、秋吉が加賀山をパスしてトップに立つと、ジェットコースーターストレートエンドで加賀谷と高橋が接触し、加賀山がコースアウト。2周目になると、トップ秋吉が早くもペースアップ。一時は2番手の高橋を引き離すが、徐々に高橋もペースを上げて行く。そして終盤で高橋が秋吉を逆転して今季初優勝を遂げた。

3周目以降、柳川と激しい3位争いをする中須賀は、13周目の最終コーナーで逆転に成功。すると柳川のペースが落ち始め、16周目に、その差は3秒3にまで広がっていた。これで中須賀は、高橋、秋吉に続いて3位でチェッカー。ランキングでも4位に浮上した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 高橋 巧 MuSASHi RT ハルク・プロ Honda 33'17.360(18laps)
2 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 33'17.904
3 中須賀 克行 YSPRacingTeamwithTRC Yamaha 33'44.601
4 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 33'56.322
5 徳留 和樹 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda 34'05.200
6 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 34'13.652
7 出口 修 エヴァRT初号機トリックスターFRTR Kawasaki 34'13.716
8 北口 浩二 クラウン警備保障RACING Honda 34'44.803
9 須磨 貞仁 CONFIA HMF RSV4 Factory Aprilia 34'44.993
10 首藤 和徳 シェイク&壁屋一家 Yamaha 34'54.799
11 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 34'56.076
12 片平 亮輔 8810RwithMCR Honda 34'58.908
13 戸田 隆 G-TRIBE BMW 34'59.016
14 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha 35'34.551
15 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda 33'17.548 (-1Lap)
16 村上 雅彦 チームムラカミ・ウッドストック Kawasaki 33'28.393(-1Lap)
17 高津 信行 ガレージカオス+うかれ亭 Honda 33'40.503(-1Lap)
18 鈴木 大五郎 KTM Racing KTM 33'42.741(-1Lap)
19 吉田 光弘 Honda緑陽会熊本レーシング Honda 33'53.311(-1Lap)
20 有田 裕二 チームシェイク Yamaha 34'02.744 (-1Lap)
21 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路! Kawasaki 35'00.867 (-3Laps)
22 長崎 賢雄 ZOOM R.T. Honda 29'35.637 (-3Laps)
- 福島 智和 デーククラフトレーシング Yamaha 14'32.888(-11Laps)
- 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 7'04.056(-16Laps)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 秋吉 耕佑 Honda 122
2 高橋 巧 Honda 107
3 柳川 明 Kawasaki 81
4 中須賀 克行 Yamaha 80
5 出口 修 Kawasaki 74
6 加賀山 就臣 Suzuki 73
15 藤田 拓哉 Yamaha 28
20 澤村 元章 Yamaha 15
21 武田 雄一 Yamaha 12
22 首藤 和徳 Yamaha 11
39 有田 裕二 Yamaha 1

COMMENT

中須賀克行選手談(3位)

「前戦のSUGOではリタイアしていて、今回のオートポリスの事前テストでも転倒して負傷したので、今回は本当に肉体的にも精神的にも厳しいレースでした。実際、レースウイークに入っても波に乗れず、まさか3位でゴールできるとは思っていませんでした。
今回も多くの応援団が来てくれていて、皆さんの応援があったから頑張れました。最後まで諦めずにがんばろうという気持ちが3位につながったと思います。応援していただいた皆さんに、本当に感謝しています」

平忠彦談(チームマネージャー)

「今回、中須賀選手はケガをしていたので、まずは転ばないようにと注意をうながしました。レースでは、柳川選手と接戦を演じましたが、うまくポイントを見極めていたと思います。中須賀選手は、予想以上の結果を残してくれたし、心に残るレースをしてくれましたが、これも700名の大応援団が駆けつけてくれて、皆さんの応援が後押ししてくれたものです。次の岡山国際までに、中須賀選手は体調を戻せると思いますし、チーム一丸となって頑張ります」

引地 猛監督(YSP友泉)

「数日前、『テストで転倒して負傷』との連絡が入り、今大会は諦めていました。その後、出場すると聞かされ、監督が勝手に諦めていたら駄目だと自己反省しました。同時に気持ちをきり替え、出場するからには全力で応援しようと決め、ここに来ました。実際に中須賀選手に会うと、なかなか厳しそうな状況でしたが、こうした中での3位は本当に感動しました。中須賀選手はもちろん、ライダーを信じて最後までマシンを整備したチーム全体で勝ち得た3位です。今、日本が必要としている"最後まで諦めない力"をチームは今大会で見せてくれました。応援団もきっと感動してくれた筈ですし、残り3レース、是非とも頑張って欲しいです」

ページ
先頭へ