本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.04 8月29日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2010全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦SUGO大会
■カテゴリ:JSB1000/J-GP2クラス
■開催日:2010年8月29日(日)
■会場:スポーツランドSUGO(3.7375km)
■観客:12,850人(2日間合計)
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■周回数:25周 ■出走台数:30台 ■完走台数:28台
■PP:伊藤 真一(ホンダ/1分27秒523)
■FL:秋吉 耕佑(ホンダ/1分27秒767)
■( )内はJ-GP2での順位

REPORT

中須賀克行は苦しいレース展開のなかで6位入賞!

YSP Racing Team with TRCからヤマハYZF-R1を駆る中須賀克行が、アグレッシブなライディングでレース序盤を制するが、その後にマシントラブルが発生。我慢のレースの中で6位入賞を果たした。

ノックアウト方式の予選でフロントロウ3番手からスタートした中須賀は、「スタートで前に出て、レースをコントロールする」との作戦通り、第2コーナーから第3コーナー、そしてヘアピンからS字コーナーでトップに立つと、秋吉耕佑(ホンダ)に0.6秒差をつけてオープニングラップを制した。そして中須賀は2周目までトップを守り通すが、3周目に入ったメインストレートで伊藤真一(ホンダ)にトップの座を明け渡してしまい、5周目の第1コーナーでは秋吉にもパスされてしまう。

レース中盤以降は、伊藤と秋吉がマッチレースを展開。秋吉が24周目の馬の背コーナーでコースアウトして、伊藤が今季初優勝を遂げる。そして再浮上を目指す中須賀だったが、ラップタイムが安定せずに苦戦を強いられてしまい、6周目に柳川明(カワサキ)に、15周目には亀谷長純と高橋巧(いずれもホンダ)に相次いで抜かれて6番手までポジションを落とすと、そのままチェッカーを受けることになった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 伊藤 真一 KeihinKoharaR.T. Honda 37'02.483
2 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda 37'18.315
3 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 37'21.570
4 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda 37'29.889
5 亀谷 長純 Honda DREAM RT 桜井ホンダ Honda 37'30.361
6 中須賀 克行 YSP Racing Team with TRC Yamaha 37'34.032
7 出口 修 PLOT PANTHERA Suzuki 37'56.355
8 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 38'04.080
9 高橋 英倫 BEET RACING Kawasaki 38'04.341
10 武田 雄一 TAIRA Racing Yamaha 38'17.232
11 民辻 啓 MotoMap SUPPLY Suzuki 38'24.240
12 清水 郁巳 ホンダドリームRT高崎 B’WISE R.T Honda 38'24.527
13 中村 知雅 中村Eng&ジャパンプランニング Honda 37'04.759(-1Lap)
14 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 37'08.444(-1Lap)
15(1) 山口 辰也 モリワキクラブ Honda 37'18.432(-1Lap)
16(2) 小西 良輝 MuSASHiRTハルク・プロ Honda 37'22.455(-1Lap)
17 坂本 弘正 ブラビッシモwith夏堀歯科 Suzuki 37'49.203(-1Lap)
18 津田 一磨 aprilia D.D.BOYS Aprilia 37'51.449(-1Lap)
19 井上 健志 炎R Honda 37'58.260(-1Lap)
20 戸田 隆 G-TRIBE BMW 37'58.752(-1Lap)
21(3) 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 38'01.640(-1Lap)
22(4) 宇井 陽一 41PLAN/PRO-TEC Yamaha 38'08.705(-1Lap)
23(5) 高橋 江紀 バーニングブラッドRT Honda 38'08.783(-1Lap)
24 原田 洋孝 R.S.ガレージハラダ姫路 Kawasaki 38'29.577(-1Lap)
25(6) 及川 誠人 伊藤レーシング GMDスズカ Yamaha 38'33.988(-1Lap)
26 北川 敏 ドリームチェイサーRT Honda 37'21.723(-2Lap)
27(7) 朝比奈 正 アサヒナレーシング Kawasaki 37'22.390(-2Laps)
28(8) 小口 亘 ALLMAN&GBS&OWR Yamaha 38'27.729(-2Laps)
DNF 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING Yamaha -11Laps
DNF 吉広 敦 CLUBNEXT&中村Eng Honda -12Laps

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 高橋 巧 Honda 73
2 柳川 明 Kawasaki 68.5
3 中須賀 克行 Yamaha 66
4 亀谷 長純 Honda 63
5 秋吉 耕佑 Honda 59
6 武田 雄一 Yamaha 49

COMMENT

中須賀克行選手(6位)

「オープニングラップでトップに立ち、レースをコントロールすることが作戦だったので、スタートはこれ以上にないほどに集中した。そして作戦通りに前に出ることができたのだが、レース前半でマシントラブルが発生してしまい、思うようにコントロールできずに悔しい結果になってしまった。次戦の岡山国際は、過去にチャンピオンを決めるなど験のいいサーキットなので、ここから巻き返しをはかりたい」

五十嵐博監督(YSP酒田)

「今回で2回目の監督を務めさせていただきますが、やはり緊張感はものすごかった。中須賀選手は、6位という結果で、本人は納得できていないようだが、スタートは良かったし、その後の第2コーナーからS字でトップに立ったシーンなどは、十分に魅せていただいたし、応援に来たファンの方々も満足している。これからシーズン終盤に入って、チャンピオン争いが激しくなってくるが、十分に気をつけて頑張ってもらいたい」

平忠彦チームマネージャー

「中須賀選手は、素晴らしい集中力でクラッチミートを決め、見事なスタートダッシュによりオープニングラップでトップに立ってくれた。しかし、レース前半でマシントラブルが発生してしまい、彼の頑張りに応えられず、さらに応援していただいたファンのみなさんや、関係者の方々に申し訳なく思っている。次戦は岡山国際だが、ここは、一昨年、昨年とチャンピオンを決めたサーキットなので、仕切り直して準備を整え、万全の体制でレースに臨むので、応援よろしくお願いします」

ページ
先頭へ