本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 GP250

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどGP250に関する情報をお届けします。

Rd.06 10月18日 もてぎ

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦もてぎ大会
■カテゴリ:GP250クラス 
■開催日:2009年10月18日(日)
■開催地:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■観客数:16,500人(2日間合計) ■天候:晴れ ■コース:ドライ ■周回数:10周
■PP:森脇尚護(MD600/1分53秒758 )
■FL:森脇尚護(1分54秒786 )
※「G」はGP2プロト/賞典外

REPORT

星野知也が大波乱のレースで初優勝!

トップの宇井陽一を、及川誠人、そして及川のチームメートの渡辺一樹が追う展開となった。しかし、渡辺が及川と接触して転倒。渡辺は再スタートしたが、及川はそのままリタイアとなってしまう。

その後、首位独走する宇井が4周目のV字コーナーで転倒。これでトップに藤田拓哉が立ったが、今度はその藤田が6周目のS字コーナーで転倒してしまい、代わってトップに立った星野知也が全日本初優勝を達成した。2位は、転倒から追い上げた渡辺、3位には福山京太が入り、TZ250が表彰台を独占した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
G 森脇尚護 モリワキレーシング MD600 19'19.175
1 星野知也 ミクニiBeat4413 Yamaha 19'58.013
2 渡辺一樹 COLT&SJ-R Yamaha 19'58.662
3 福山京太 TEAMモトスポーツ Yamaha 20'11.392
4 小口理 ALLMAN&OW小口歯科医院 Yamaha 20'15.853
5 柴原誠 K-maxracing Yamaha 20'16.646
6 宇井陽一 立花レーシングwithSpruce/PT Yamaha 20'19.751
7 高杉奈緒子 バーニングブラッドRT Honda 20'26.793
8 依田忍 Garage4413 Honda 20'26.984
9 飯室英治 チームドゥカティレーシングジャパン Yamaha 20'28.345
10 桜井晋吾 Garage4413 Honda 20'30.060
11 小口亘 ALLMAN&OWRACING Yamaha 20'30.109
12 中尾健治 レイラスポーツ Yamaha 20'30.681
13 飯塚弘樹 ガレーヂ国政&飯塚自動車商会 Yamaha 21'02.742
14 粕尾純也 Yamaha 21'07.542

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 宇井 陽一 Yamaha 67
2 渡辺 一樹 Yamaha 62
3 及川 誠人 Yamaha 54
4 星野 知也 Yamaha 42
5 藤田 拓哉 Yamaha 39
6 福山 京太 Yamaha 35
7 小口 理 Yamaha 31
8 中本 郡 Yamaha 11
9 柴原 誠 Yamaha 11
11 中尾 健治 Yamaha 9
12 小口 亘 Yamaha 9

COMMENT

星野知也選手談(優勝)

「ピットサインで順位は確認していたけれど、自分のペースが上がらなかった分、周りの状況を冷静に見ることができていた。トップに立つ選手が転倒するという波乱の状況だったが、僕のマシンにも途中からトラブルが出ていて、最後まで走り切れるかが心配だった。しかし最後まで走りきることができ、初表彰台が初優勝という結果となった。長くレースを続けてきたことへのご褒美だと思っている」

渡辺一樹選手談(2位)

「サイティングラップで転倒してしまい、焦りがあった。しかし、スタートもうまく決まり、その後のペースも良く、宇井選手と及川選手の姿が見える場所でレースができた。ただ、3周目の第1コーナーでチームメートの及川選手と接触して転倒してしまった。僕はレースに復帰できたが、チャンピオン争いをしている及川選手がリタイア。結果的に僕は2位でチェッカーを受けることができたが、複雑な心境で、正直、喜ぶことができない」

福山京太選手談(3位)

「レースウイークに入って、ミッショントラブルなどがあり、予選ではタイムを出すことができていなかった。足まわりのセットアップもできないまま決勝レースに臨んだが、サインボードで順位を確認して、自分でも驚いてしまった。長い間レースを続けてきて良かったし、助けていただいた方々にお礼を言いたい」

ページ
先頭へ