本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 GP250

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどGP250に関する情報をお届けします。

Rd.05 9月27日 岡山国際

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦岡山大会
■カテゴリ:GP250クラス
■開催日:2009年9月27日(日)
■開催地:岡山国際サーキット(3.703km)
■観客数:12,800人(2日間合計) ■天候:曇り ■コース:ドライ ■周回数:15周
■PP:森脇 尚護(MD600/1分31秒915)
■FL:及川 誠人(Yamaha/1分32秒856)
※「G」はGP2プロト/賞典外

REPORT

及川が全日本参戦17年目にして初優勝達成!

全日本参戦17年目のベテラン及川誠人が涙の初優勝を遂げた。

今大会には、賞典外でモリワキのMoto2マシンが混走となり、レースはこのモリワキが独走する形となったが、250ccクラスでは、レース中盤から宇井陽一と及川が一騎打ち。ラスト2周となったところで及川が仕掛け、ヘアピンで宇井をパスすることに成功。その後、宇井には逆転のチャンスは訪れず、及川がうれしい初優勝を遂げた。また、2位の宇井に続いて、3位には渡辺一樹が入り、ヤマハTZ250が表彰台を独占した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
G 森脇 尚護 モリワキレーシング MD600 23'19.489
1 及川 誠人 COLT&SJ-R Yamaha 23'26.559
2 宇井 陽一 立花レーシングwithSpruce/PT Yamaha 23'27.064
3 渡辺 一樹 COLT&SJ-R Yamaha 23'33.076
4 藤田 拓哉 2りんかんRT&DOG FIGHT R Yamaha 23'49.941
5 星野 知也 ミクニiBeat 4413 Yamaha 24'15.227
6 福山 京太 TEAMモトスポーツ Yamaha 24'20.375
7 中尾 健治 レイラスポーツ Yamaha 24'23.227
8 小口 理 ALLMAN&OW小口歯科医院 Yamaha 24'25.532
9 高杉奈緒子 バーニングブラッドRT Honda 24'32.097
10 風呂本 真 バイクPiT東広島+レイラ+獺 Yamaha 24'56.345
11 小口 亘 ALLMAN&OWRACING Yamaha 23'19.519(- 1Lap)
12 柴原 誠 K-max racing Yamaha 23'21.439 (-1Lap)
G 朝比奈 正 アサヒナレーシング Z600 23'25.443(-1Lap)
13 土田 泰弘 RISE136+DGZ Honda 24'02.839 (-1Lap)
DNF 岸本 孝司 建築工房きしもと&ハイブリッド Yamaha 8'23.943(-10 Laps)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 宇井 陽一 Yamaha 57
2 及川 誠人 Yamaha 54
3 渡辺 一樹 Yamaha 45
4 藤田 拓哉 Yamaha 39
5 星野 知也 Yamaha 22
6 福山 京太 Yamaha 20
7 小口 理 Yamaha 18
8 中本 郡 Yamaha 11
9 中尾 健治 Yamaha 9
9 小口 亘 Yamaha 9
9 前川 泰志 Yamaha 9
12 飯室 英治 Yamaha 8

COMMENT

及川誠人選手談(優勝)

「タイヤの温まりが遅くてスタートダッシュはできなかったけれど、フリー走行でマシンがいい感触に仕上がったので、優勝のチャンスが訪れることを信じて走った。ラスト2周のヘアピンで仕掛けるのは予定通りの作戦。最終ラップに入るストレートでは、深呼吸をして気持ちを入れ直した。優勝のチェッカーを受けてから、第1?2コーナーでは涙が出ました」

宇井陽一選手談(2位)

「及川選手が追いかけてくることは予想通りだった。残り2周で仕掛けてくることも想定していた。でも、今日は僕のマシンが本調子ではなくて、抑えることも、抜き返すこともできなかった。この悔しさをバネにして、次のツインリンクもてぎではさらにいいレースをしたい」

渡辺一樹選手談(3位)

「これまでスタートでのミスが多かったので、今回はキッチリとスタートすることを心がけた。スタートしてから2?3周は及川さんや宇井さんの後ろ姿が見えたけれど、その後は厳しくて、ペースを取り戻した時には大差がついていた。もっと自分のレベルを上げて行って、次のツインリンクもてぎ、最終戦の鈴鹿を迎えたい」

ページ
先頭へ