本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

ヤマハ発動機株式会社

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

最新情報

2015/05/27

4連勝を目指しムジェロへ!

第5戦ル・マンで今季初の1-2フィニッシュを飾ったMovistar Yamaha MotoGP。V・ロッシとJ・ロレンソは今週末、イタリアはトスカーナ地方にあるムジェロ・サーキットで第6戦に臨む。

今大会はロッシのホームレースであると同時に、Gerno di Lesmoに本拠地を置くチームにとっても非常に重要な一戦。開幕以来、毎回、表彰台に上ってきたロッシは、今回ももちろん優勝候補のひとりだ。同サーキットでは最高峰クラスで2002年から2008年まで7連勝、2009年と2014年は3位を獲得。また1999年には250㏄クラスで、1997年には125㏄クラスでそれぞれ優勝している。

一方、第4戦ヘレス、第5戦ル・マンと大活躍を見せたロレンソも、勢いそのままに、昨年はマルケスと見ごたえあるバトルを展開したイタリアGPに挑む。ここムジェロでは2009年から2014年まで連続表彰台。そのうち2011年、2012年、2013年と3連勝、2009年、2010年、2014年は2位を獲得した。また250㏄クラスでは2006年に優勝、2005年に2位を獲得している。

全長5.245km、フローレンスの北東30kmに位置する歴史あるコースで行われるグランプリは、例年、大観衆を集める人気イベント。難しいレイアウトで知られるが、そのほどよくミックスされた高速コーナーと低速コーナー、1,141mの最長ストレート、様々なアップヒルとダウンヒルなどがライダーとエンジニアに愛されている。GP初開催は1976年。1988年にはフェラーリが買収し、1991年のコース改修後は定期開催が行われるようになった。トスカーナ地方郊外の美しい景色とともに、お気に入りの選手の走りを楽しめる絶好の舞台だ。

更新情報

MotoGP(ロードレース世界選手権)

1949年、FIM(国際モーターサイクリスト連盟)が、欧州を中心としてスタートさせた二輪ロードレースの世界最高峰クラス。GP 500を経て、2002年に2ストローク500cc以下/4ストローク990cc以下のどちらのマシンでも出場できるMotoGPが誕生。2004年から4ストロークマシンに限定された後、排気量など様々な変化を経て、現在に至る。

ヤマハはこの世界選手権に1961年5月21日のフランスGPから参戦を開始。1964年にはフィル・リード選手がヤマハにとって初のGPチャンピオン(GP250)をもたらし、半世紀以上の間、数々の栄冠を手にしてきた。特に最高峰クラスであるGP500・MotoGPでは、1972年のチャス・モーティマー選手の初優勝以来、ジャコモ・アゴスチーニ、ケニー・ロバーツ、エディー・ローソン、ウェイン・レイニー、そしてバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソなどのライダーが勝利を積み重ね、2013年の日本GPで通算200勝を達成(ロレンソ)。2014シーズン終了時点では205勝をあげている。また、これまで6人のチャンピオンを輩出し、ライダータイトルは16回、コンストラクタータイトルは13回を獲得している。

ライダー紹介

バレンティーノ・ロッシ

Movistar Yamaha MotoGP

ホルヘ・ロレンソ

Movistar Yamaha MotoGP

Monster Yamaha Tech 3

ポル・エスパルガロ

Monster Yamaha Tech 3

ブラッドリー・スミス

PROFILE PROFILE PROFILE PROFILE

チーム

ファクトリーチームである「Movistar Yamaha MotoGP」からは、昨年同様、バレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソが2015年型YZR-M1で参戦する。ロッシは、昨年、開幕戦から好調をキープ、各ラウンドで優勝争いを展開してランキング2位を獲得。ロレンソは序盤こそ苦しんだものの、中盤戦以降調子を上げてランキング3位を獲得した。今シーズンもともに優勝候補の筆頭であり、2012年以来となるチャンピオン獲得を目指す。

サテライトチームの「Monster Yamaha Tech 3」からは、昨年ランキング6位としルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたポル・エスパルガロと、表彰台獲得などの活躍でランキング8位となったブラッドリー・スミスが参戦。「Movistar Yamaha MotoGP」とともに2010年以来のライダー・コンストラクター・チームの三冠獲得に挑む。

 

マシン

YZR-M1

2002年、MotoGP参戦に合わせて専用開発したファクトリーマシン。呼称の「M」は技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、MotoGPでチャンピオンを獲得する使命(Mission)を示す。YZR-M1はこれまでにV・ロッシと4回、J・ロレンソと2回、通算を6回のチャンピオンを獲得している。



 

facebookで共有する ツイッターでつぶやく googleプラスで共有する mixiチェックで共有する