本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

全日本ロードレース選手権 JSB1000

国内二輪ロードレースの最高峰である全日本ロードレース選手権は、1967年にシリーズ戦としてスタート。その最高峰クラスは、F750、GP500、スーパーバイクと、時代とともに変遷を続け2003年にJSB1000となった。現在、このほかのクラスとしては、J-GP2、ST600、J-GP3が開催されている。

マシンは、市販車(4気筒:600~1000cc、3気筒:750~1000cc、2気筒:850~1200cc)をベースに、レギュレーションに準じてモディファイを加えた専用マシンを使用。その性能は高く、最高速は300km/hを超えるなど、世界選手権に引けをとらないエキサイティングなレースが展開される。近年は、予選にノックアウト方式の採用、セミ耐久レースの開催、1大会2レース制の採用など、より見応えのある演出がなされている。

ヤマハは、GP500で3連覇を果たした平忠彦、藤原儀彦をはじめ、スーパーバイクでは吉川和多留、芳賀紀行、JSB1000では、最高峰クラスで史上最多となる6度のチャンピオンを獲得している中須賀克行ら、多くのチャンピオンを輩出している。

ライダー紹介

中須賀 克行

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

野左根 航汰

YAMALUBE RACING TEAM

藤田 拓哉

YAMALUBE RACING TEAM

チーム

2016シーズンは、チャンピオン獲得を目指すヤマハのトップチーム「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、若手育成を担うユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」が参戦する。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、昨年、新型「YZF-R1」を駆り、全日本ロードレース史上初なる最高峰クラス4連覇、通算6度目のチャンピオンに輝いた中須賀克行が出場する。2016シーズンの目標は、中須賀自身が持つ記録を更新する5連覇の達成だ。

一方、「YAMALUBE RACING TEAM」からは、2015シーズンと同様、野左根航汰と藤田拓哉が出場。野左根は昨年、3回の表彰台に立ちトップライダーに仲間入りを果たすと、藤田は開幕戦で怪我を負い序盤出遅れたが、復帰後に表彰台を獲得し、確実に成長を遂げてきた。2016シーズンは、中須賀をお手本に、また互いに切磋琢磨しながら、昨シーズン達成できなかった2位以上の獲得が目標となる。

マシン

YZF-R1(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

「YZF-R1」は、“High tech armed Pure Sport”のコンセプトのもとMotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を織り込み、サーキット最速のポテンシャル目指して開発したスーパースポーツ。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の「YZF-R1」は、この市販車をベースとしながら、定められたレギュレーションの範囲内で、エンジンや電子制御システムなど専用パーツにより戦闘力アップを行ったファクトリーマシンである。

「YAMALUBE RACING TEAM」の「YZF-R1」は、JSB1000のレギュレーションに準じてモディファイを行っているものの、育成というチームの位置づけからストック状態のパーツも多い仕様となっている。

YZF-R1(YAMALUBE RACING TEAM)

ページ
先頭へ