本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.05 9月27日 岡山国際

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦岡山大会
■カテゴリ:JSB1000クラス 
■開催日:2009年9月27日(日)
■開催地:岡山国際サーキット(3.703km)
■観客数:12,800人(2日間合計) ■天候:曇り ■コース:ドライ ■周回数:20周
■PP:中須賀克行(Yamaha/1分29秒395)
■FL:伊藤 真一(Honda/1分29秒962)

REPORT

2年ぶりにポールポジションを獲得した中須賀
激戦の決勝で4位入賞!

YSP・レーシング・チームからYZF-R1を駆り参戦する中須賀克行が、予選で2年ぶりとなるポールポジションを獲得。決勝では、序盤でトップをキープするが、レース中盤以降でタイムが伸び悩む苦しい展開となったが4位入賞を果たした。

スタートを決めてトップに立ち、その後はレースをコントロールするという作戦で臨む中須賀は、好スタートを決めると予定通りにトップに立つ。そしてオープニングラップで2番手の酒井大作(スズキ)に0.681秒差をつけるが、2周目以降は、トップは7台からなる大集団が形成された。その後、4周目からはトップ中須賀と2番手の酒井が激しい首位攻防を展開。そして10周目にペースを上げた酒井が中須賀をパス。さらに、周回が進むにつれてバックマーカーが登場すると中須賀は思うようにペースが上げられなくなり、14周目に亀谷長純(ホンダ)、16周目には伊藤真一(ホンダ)にも先行を許し、結果、中須賀は4位でチェッカーを受けた。

また、SP忠男レーシングチームの大崎誠之は、レース中盤以降でタイムが上がらずに7位でゴール。RT森のくまさん佐藤塾の横江竜司は、井筒仁康(カワサキ)、出口修(ホンダ)をパスして9位でチェッカーを受けた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 酒井 大作 ヨシムラスズキwithJOMO Suzuki 30'17.899
2 亀谷 長純 Honda DREAM RT 桜井ホンダ Honda 30'19.492
3 伊藤 真一 KeihinKoharaR.T. Honda 30'20.035
4 中須賀克行 YSP Racing Team Yamaha 30'21.453
5 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 30'21.758
6 山口 辰也 MuSASHi RTハルクプロ Honda 30'21.976
7 大崎 誠之 SP忠男レーシングチーム Yamaha 30'29.810
8 高橋 巧 バーニングブラッドRT Honda 30'40.504
9 横江 竜司 RT森のくまさん佐藤塾 Yamaha 20 30'43.054
10 出口 修 PLOT FARO パンテーラ Suzuki 20 30'44.373
11 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 31'20.364
12 清水 郁巳 ホンダドリームR.T高崎B'WISER.T Honda 20 31'23.179
13 西嶋 修 BEET RACING Kawasaki 31'23.185
14 須貝 義行 チームドゥカティレーシングジャパン Ducati 31'28.283
15 児玉 勇太 ウイダーD.D.BOYS Honda 31'28.379
16 東村伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 31'38.595
17 石川 朋之 Z-TECHwithビジネスラリアート Suzuki 31'45.803
18 飯田 将人 Honda緑陽会熊本レーシング Honda 30'20.762(-1Lap)
19 矢野 大輔 クラウン警備保障RACING Honda 30'27.158 (-1Lap)
20 原田 洋孝 R.S.ガレージハラダ姫路 Kawasaki 30'27.404(-1Lap)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 亀谷 長純 Honda 94
2 酒井 大作 Suzuki 87
3 柳川 明 Kawasaki 85
4 大崎 誠之 Yamaha 82
5 中須賀 克行 Yamaha 81
6 山口 辰也 Honda 77
11 横江 竜司 Yamaha 37

COMMENT

中須賀克行選手談(4位)

「今回は気合いが入っていた。予選でポールポジションが取れ、決勝レースのスタートをうまく決めることができて、ここまでは予定通りだったが、レース中盤以降で後続を抑え切れなかった。今年からマシンは新型になり、各サーキットのレースでは、事前テストを含めて新たなセットアップを試みているが、アクセルを開けたときのマシンの追随性がとても良く、どこのサーキットでも走り出しがスムーズ。また、ハンドリング面でも向上していて、切り返しがとてもラクになっている。こうしたところをさらに生かせるようにセットアップしているが、次のツインリンクもてぎでは、さらにいい走りができると思う」

菅信明監督談(YSP松山東社長)

「中須賀選手はポールポジションからホールショットを奪い、その後は抜きつ抜かれつのバトルを展開してくれた。結果は4位と残念ではあるが、非常にエキサイティングな内容で、ST600と同様、私を含め多くのファンにレースの楽しさを改めて教えてくれるものだった。また一方でYZF-R1というマシンのポテンシャルの高さも証明してくれた。まだまだ厳しい戦いが続いていくだろうが、今後もレースの楽しさ、YZF-R1の素晴らしさを伝えてほしいし、ファンが期待する2年連続チャンピオンをめざしてがんばってほしい」

平忠彦チームマネージャー談

「今回は事前テストで転倒があり、テストを予定の半分しかこなせなかった。もちろん中須賀選手のけがの状態も、本人は影響がないとは言うがゼロではなかっただろう。それでも予選ではマシンとタイヤを完璧なパッケージを作って今季初のポールポジションを獲得。決勝でもホールショットからレースをリードしていく理想的な展開を作り出した。しかし序盤、思うように後方を離せなかったことが痛かった。しかし事前テストからのビハインドを考えるとよく4位を守ったと言えるだろう。ランキング争いではトップとの差を広げられたが、残りは2戦3レースあり今回の4位が大きな意味を持ってくると思うし、十分にチャンスはある。もてぎでは、全力で応援に応える戦いを披露するので、多くのファンの方に来ていただき我々にパワーをいただければと思う」

ページ
先頭へ