本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



世界耐久選手権 EWC

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど世界耐久選手権に関する情報をお届けします。

Rd.03 8月29-30日 フランス

RACE DATA

■開催日:2020年8月29日・30日
■大会名称:世界耐久選手権 ル・マン24時間耐久レース
■開催地:フランス/ブガッティ・サーキット

REPORT

アクシデントを乗り越えYARTがル・マンで4位を獲得

世界耐久選手権の第3戦として、第43回ル・マン24時間耐久レースが開催され、YART Yamaha Official EWC TeamのK・ハニカ、M・フリッツ、N・カネパが、序盤で転倒したものの見事に挽回し、表彰台には届かなかったものの4位でチェッカーを受けた。

チームは暗く憂鬱な空の下、ポールポジションからスタート。スタートライダーを務めたカネパは、出遅れたものの、すぐにリズムをつかんで最初の10分間で7番手から2番手に挽回。その後カネパは、その経験を駆使して雨に見舞われた第1スティントを走りきり、YZF-R1をドイツ人ライダーのフリッツに渡した。

そのフリッツは、トップのF.C.C. TSR Honda Franceをかわすとトップに立ちすぐに差を拡大しハニカに交代。しかし、雨が強くなってきたことも影響してハニカが2時間目の途中で転倒。ライダーに怪我がなかったため、R1をピットに持ち帰ると、チームはマシンを修復。カネパがコースに復帰した時点で28番手まで後退してしまった。周囲のクラッシュに悩まされる中、カネパは冷静さを保って走行を続け、このスティントを終えた時点でトップ10に復帰を果たした。

5時間半後には9番手まで順位を上げていたが、ライトに小さなトラブルが発生。すぐに修復に成功したものの、14番手まで後退してしまう。その後、路面が乾き始めた頃には、トップ10争いに復帰。さらにフリッツのハードワークもあり8番手に浮上する。

夜が明けると、チームは5位争いを展開。涼しいドライコンディションの中、YARTは終始トップタイムをマークしながら4番手のライバルを追撃した。そして残り3時間となったところで4番手に浮上。さらに残り2時間で2番手のSuzuki Endurance Racing Teamが転倒し、表彰台のチャンスが再び訪れたものの、修理を終えたライバルには届かず、最後は4位でフィニッシュし貴重な24ポイントを獲得した。

RESULT

TEAM RANKING

COMMENT

YART Yamaha EWC Official Team
K・ハネカ選手談

「受け入れがたい結果です。もちろん、より良い順位を目指していました。最初のスティントでクラッシュしてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいです。マシンの感触は良く、雨でも無理している感じはなかったのですが、コーナーでは思った以上に水が流れていてスリップし、ハンドルバーが壊れてしまいました。

修復に多くの時間がかかってしまいましたが、そこからベストを尽くし、それぞれのライダーが力強く、またチームは素晴らしい仕事をしてくれました。私たちはコース上で最速で、1分37秒台のタイムで周回を重ね、我々が望んでいた表彰台には届きませんでしたが、最終的には4位まで挽回してポイントを獲得。ここルマンで、表彰台に届かずに、次戦・ポルトガルで戦うのは、正直厳しいですが、まだまだチャンピオンシップを戦います。

私を支えてくれたチームに感謝します。耐久で私にとって最初の転倒でしたが、チーム一丸となって、修復作業に最善を尽くしてくれました。たくさんサポートしてくれたブリヂストン、素晴らしいバイクを提供してくれたヤマハ、そしてチームのみんなに感謝します。そしてエストリルでは、より強い姿で戦いますよ」

M・フリッツ選手談

「懸命に電子制御系の仕事をし、最終的にエンジンブレーキとトラクションの最適なセットアップを見つけることができました。ニッコロは素晴らしいスタートを切り、そして私は最初のスティントでいい感触でした。 FCC TSR Hondaを抜いてリードを奪い、10秒以上の差をつけました。

その後、引き継いだカレルが不運にも転倒してしまいましたが、幸い彼はバイクをピットに戻すことができ、チームは非常に速く修復することができました。

結局、4番手まで挽回できました。驚くべきことに、 一晩中、そして今朝も我々は最速だったのです。挽回してポイントを獲得できたことが重要でした。なぜならチャンピオンシップで3位につけ、まだ勝てるチャンスがあるからです。

次戦・エストリルが楽しみです。というのも 私のチームとチームメイトはここルマンで速かったし、ブリヂストンも素晴らしいタイヤを提供してくれましたから。 新しいバイクは24時間レースを走り終えることができ、すばらしいことです。 110%の力を尽くしてくれたチームに感謝します。次のレースが待ちきれません」

N・カネパ選手談

「4位という結果は、我々が予期した結果ではありません。というのもこの週末、我々は非常に速く、レースではどんな状況でも最速でしたので、最終的に我々に見合った結果ではないと思っています。良い点としては、バイクもブリヂストンのタイヤもうまく機能しているので、エストリルでの最終戦に向けて自信が持てています。

期待していただけに、ここルマンで表彰台に上がれなかったのは残念ですが、これがレースであり、何でも起こる可能性がある24時間レースです。少し運が悪かったです。 私たちはエストリルで失うものは何もないので、最終戦で優勝し、有終の美を飾りるつもりです」

M・カインズ、YART Yamaha EWC Official Teamチーム・マネジャー談

「完璧な仕事をしたと思いますが、レースは大変でした。 バイク、タイヤ、ライダーはすごかった。 私たちのチームはあらゆる状況で最速でしたが、残念ながらウェットコーナーでクラッシュし、修復に多くの時間を費やしてしまいました。最終的に4番手で挽回しましたが、 表彰台を獲得するには、24時間のレースは短すぎました。

良い点としては、新しいYZF-R1が24時間レースを走りきれる能力があり、私たちには、最速のライダーがいることを認識できたことです。少し運不足でしたが、次戦・エストリルで取り返します」

ページ
先頭へ