本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 GP125

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどGP125に関する情報をお届けします。

Rd.04 8月30日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦SUGO大会
■カテゴリ:GP125クラス ■開催日:2009年8月30日(日)
■会場:スポーツランドSUGO(3.7375km)
■観客:12,800人(2日間合計) ■天候:曇り ■コース:ドライ ■周回数:15周
■PP:長島哲太(Honda/1分45秒375)
■FL:徳留真紀(Yamaha/1分35秒452)

REPORT

徳留真紀が全日本初優勝!

ベテラン徳留真紀(チーム テック・2)が全日本初優勝を遂げた。予選では6番手と奮わなかった徳留だが、決勝レースでは序盤からセカンドグループに加わり上位進出を狙う。そして8周目の第1コーナーでは、徳留とのバトルの中で長島哲太(ホンダ)がオーバーランしてポジションダウン。これで徳留は3番手に上がり、2番手の尾野弘樹(ホンダ)とともにトップ菊池寛幸(ホンダ)を追う。ところがその菊池が11周目のバックストレートでマシントラブルのためにスローダウン。これでトップは尾野と徳留の一騎打ちとなった。

レース終盤に入り雨が降り始めると、尾野も徳留も無理ができない状態が続く。そして最終ラップの最終コーナーは尾野が制するが、そこからの登り10%勾配で勝負に出た徳留が、0.097秒差で尾野を下し、徳留が38歳にして全日本初優勝を遂げた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 徳留 真紀 チーム テック・2 Yamaha 24'21.013
2 尾野 弘樹 BATTLE FACTORY Honda 24'21.110
3 浦本 修充 TEAM IRONBARONS Honda 24'28.047
4 岩田 裕臣 DyDoミウレーシングチーム Honda 24'33.240
5 大久保 光 18 GARAGE RACING TEAM Honda 24'33.345
6 山本 剛大 Team NOBBY Honda 24'33.469
7 矢作 雄馬 桶川塾&ENDURANCE Honda 24'33.679
8 柳沢 祐一 18 GARAGE RACING TEAM Honda 24'41.014
9 藤井 謙汰 TSR Honda 24'41.418
10 長島 哲太 Team Projectμ Honda 24'41.479
11 大金 佑輝 ENDURANCE & 桶川塾 Honda 24'41.541
12 仲城 英幸 Projectμ7C HARC Honda 24'41.910
13 中本 翔 GARAGE RACING TEAM Honda 24'47.474
14 森 俊也 racing sayama Honda 24'47.525
15 日浦 徹 Team NOBBY Honda 24'48.779
17 宇井 陽一 立花レーシング with Spruce Yamaha 24'52.074
32 篠崎 佐助 チーム テック・2 Yamaha 22'59.012 (-1 Lap)
33 阿部 健二 Yamaha KENT Racing Yamaha 25'04.652(-1 Lap)
35 山田 誓己 伊藤レーシングGMDスズカ Yamaha 21'58.917(-2 Lap)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 徳留 真紀 Yamaha 54
2 尾野 弘樹 Honda 45
3 菊池 寛幸 Honda 35
4 浦本 修充 Honda 28
5 山田 亮太 Honda 26
6 篠崎 佐助 Yamaha 24
13 山田 誓己 Yamaha 10
20 宇井 陽一 Yamaha 5

COMMENT

徳留真紀選手談(優勝)

「全日本の約3カ月のインターバルの間に、マシンも僕も減量して、コーナリング特性に優れるヤマハマシンに、ストレートでのスピードを武器に加えることができた。ただ、足まわりもタイヤも硬めにセットしていたので、雨が降って来てからは無理ができなくなった。何度か尾野選手を抜く機会はあったのだけれど、いちばん安全な形でパスすることができた。ウイニングランでは、本当にうれしさが込み上げてきた」

ページ
先頭へ