本文へ進みます

モトクロス世界選手権 MXGP

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMXGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.18 9月15日 中国

RACE DATA

■概要
■大会名称:2019年第18戦中国GP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2019年9月16日
■開催地:上海(1,620m)
■天候:晴れ/気温32℃
■観客数:25,000人

REPORT

シーワーが2019年MXGPでランキング2位を獲得

Monster Energy Yamaha Factory MXGPのジェレミー・シーワーが、上海で開催された2019年の最終戦の中国GPで総合3位に入り、2019シーズンMXGPでランキング2位を獲得した。Monster Energy Wilvo Yamaha MXGPのゴーティエ・ポーリンは総合7位で終えランキングでは4位となった。

レース1、シーワーは素晴らしいスタートを見せると、最初の3ラップでトップ争いを繰り広げるも、路面の石がゴーグルに激しくヒットしまぶたを深く切しハイサイドを起こした。シーワーはトップ5圏内で再びYZ450FMに跨った。一方でまずまずのスタートを見せたポーリンは、混乱の中で8番手まで後退した後、ペースアップを図る。

まぶたの怪我による出血でシーワーは2度目の転倒を喫するが、圧巻の走りで残り10分となったところで元MX2世界チャンピオンのP・ジョナス(ハスクバーナ)をかわし4位でフィニッシュ。ポーリンはいつものペースをつかむことができず、8位でレースを終えた。

レース1の成績により、ランキング2位を確定させたシーワーは、プレッシャーから開放されてシーズン最後のレース2に臨んだ。ゼッケン91をつけるシーワーは、見事なホールショットを決めるが、すぐにレース1の優勝者、G・コルデンホフ(KTM)がリードを奪う。25歳のシーワーは、後方から迫るJ・ハーリングス(KTM)を抑えつつ、決してスロットルを緩めることなくコルデンホフを視界にとどめ、これを追う。

残り8分となったところでシーワーはハーリングスに先行され3位に後退するとそのままチェッカーを受けた。一方、ポーリンは8番手でスタートすると、その後果敢に攻めて順位を上げ、6位でフィニッシュした。

Monster Energy Yamaha Factory MXGPのロマン・フェーブルは3週間前にスウェーデン・グランプリで大腿骨骨折を負った後、レースには参加していない。Monster Energy Wilvo Yamaha MXGPのアーヌー・トヌスは前日に行われた予選レースで左手に軽度の骨折を負い、撤退を余儀なくされて両チームとも、初開催の中国グランプリで選手を欠いた。フェーブルは2019年MXGPシーズンを6ラウンドを欠場したにもかかわらず、選手権9位で終えており、トヌスは総合5位にランクした。

2つのチームと4名のライダーにより、ヤマハとYZ450Fは2019年になんと21回のポディウムフィニッシュを記録した。

シーワーとポーリンは、この後、シーズン最大のイベント、オランダのアッセンで開催されるMonster Energy FIM Motocross of Nationsに焦点を移す。シーワーはチームを陣頭指揮し、ゴーティエ・ポーリンはディフェンディング・チャンピオンとしてチーム・フランスを引っ張る。

RESULT Race.1

RESULT Race.2

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

Monster Energy Yamaha Factory MXGP

ジェレミー・シーワー選手談(4位/3位:総合3位)

「今日、世界で2番目に居ることが信じられない。このシーズンに向けて行った冬の準備は最悪で、3週間寝たきりになるほどの体調不良を起こした。シーズンが開幕した序盤、どんなに頑張ってもトップ10入りを争いするのがやっとだった。5月にトップ5入りして、ついに表彰台に立つことができて、そのあとは6回表彰台に立って、今、ここに居られてとてもうれしい」

Monster Energy Wilvo Yamaha MXGP

ゴーティエ・ポーリン選手談(8位/6位:総合7位)

「Monster Energy Wilvo Yamaha MXGPチームに、まず何より感謝したい。我々は厳しいシーズンを戦い、サテライトチームとして一年を通してハードワークを重ねてきた。選手権でははじめ2位争いをしていて2位、それから3位、そして最終的に4位になった。ヤマハに復帰一年目としては良い年だった。今後に向けて経験を積んだ。今日は自分にとって最高の一日とはならなかったが、YZ450Fは良く機能した。怪我することなくフルシーズン参加でき、最後まで戦えたので満足だ」

ページ
先頭へ