本文へ進みます

世界耐久選手権 EWC

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど世界耐久選手権に関する情報をお届けします。

Rd.01 9月15-16日(2018) フランス

RACE DATA

■開催日:2018年9月15-16日
■大会名称:世界耐久選手権 ボルドール24時間耐久レース
■開催地:フランス/ポールリカール・サーキット

REPORT

YARTがボルドールで2位獲得の快挙

2018/2019EWCの開幕戦、ボルドール24時間耐久レースでYART Yamaha Official EWC Teamは、ライダーにM・フリッツ、B・パークス、N・カネパの3人を擁して2位を獲得。今回初めて第1走者を務めたフリッツは、耐久レース独特のスタート・プロセスを経験し、コースを横断してYART Yamaha R1へと駆け寄った。

最初の数時間は計画通りに進んだが、ポールリカール・サーキットを夕暮れが包むころには、今回から新たにチームに加入したカネパが転倒するアクシデント。これによってエンジンオイルをほとんどすべて失ってしまったが、セーフティカーが出動するなかでマシンをピットまで持ち帰ることができた。

素早い修復によって27位で復帰したものの、この時点で優勝のチャンスはほとんど残されていなかった。チームは目標を切り替え、タイトル獲得への影響を最小限に抑えるために、完走してできるだけ多くのポイントを目指すことに。ライダーを助けてくれるはずのすべての電子制御システムを転倒によって失っていたにもかかわらず、フリッツ、カネパ、パークスは夜間走行のなかで着実に前との差を縮めていった。そしてあたりが明るくなり始めた午前7時には6位まで浮上し、さらに上を目指す決意。

一度はあきらめた優勝さえも現実的な目標となったことで、ますますペースが上がり、パークスは500ラップを越えてファステストラップを記録。午前中のうちに2位へと浮上し、優勝ペースでトップチームを追いかけていった。給油のタイミングを計ってチャンスを追求したが、最後のセーフティカーが入る間に優勝の望みは絶たれてしまった。

YART Yamahaは、転倒とマシン修復を乗り越えて2位でゴール。33ポイントを獲得してランキング2位につけ、シーズンを順調にスタートした。

真っ先にヤマハのサポートプログラムにサインしたドイツのWEPOL Racingが3位に入り、YARTとともに表彰台に上ったほか、終始、安定した走りをキープしたフランスのYamaha Viltaïs Pierret Experiencesが15位で6ポイントを獲得。スロバキアのMaco Racing Teamは惜しくもポイント圏外に留まったが貴重な経験を積み、フランスの3ARTは前半の12時間で好タイムを記録したあとリタイア。Moto AINもまた早々に戦列を離れていた。

RESULT

TEAM RANKING

COMMENT

B・パークス選手談

「最後にセーフティカーが出てきたのは残念。トップは燃料が残っていなかったので、あと1ラップあれば優勝できたはず。でも昨日の午後5時には家へ帰るところだったのだから、ここまで上がって来られたことに満足するべきでしょう。チームのみんながとてもよく頑張ってくれたおかげでトラブルを克服することができました。マシンのダメージは予想以上に大きかったのですが、彼らの仕事は非常に速く、私たちをまたコースに復帰させてくれました。私たちも最後まであきらめず、いい戦いができたと思っています」

M・フリッツ選手談

「私のチームメイトは本当に素晴らしい仕事をしてくれました。全員が完璧な走りでした。ニッコロが転倒したあと、R1は超速で修復され、運よくセーフティカーも出ていたので27位で復帰することができました。その時点ではトップからかなり離されていたので目標を5位フィニッシュと考えていましたが、レースが進むにつれて状況がすっかり変わってきたのです。私自身は、昨日初めて耐久レースのスタートを経験しました。そして最終走者も務めることができ、チームには感謝しています」

N・カネパ選手談

「最初から最後まで、まさにクレイジーなレースでしたが、チームメイトたちは常に安定していました。今はとてもハッピーな気持ちです。3時間経過後にはもう終わったと思いましたが、そこからまた追い上げて優勝のチャンスさえ窺うことができました。スティントごとにトップを追い詰めていき、ついには10秒差まで接近。残り45分の時点で、毎ラップ1秒ずつ詰めていたのですから、彼らをパスすることができたはずですが、不運にも最悪のタイミングでセーフティカーが入ってしまいました。でもこれが耐久レースというものなのです」

M・カインズ、チーム・マネジャー談

「あきらめずに最後までプッシュし、ついにはここまで上がることができました。耐久レースでは誰もがトラブルを経験するものなので、今日のことも想定内のことでした。24時間もトラブルなしで走りきる人などひとりもいないのです! ニッコロの転倒によってマシンに穴があいて、ほとんどすべてのオイルが流出してしまいました。さらにはトラクション・コントロールやウイリー・コントロールのための電子制御システムにもダメージを受けたなかで、ライダーたちは本当によく頑張ってくれました。チームクルーの仕事ぶりも素晴らしく、素早くマシンを修復してコースに復帰させてくれました。最後のセーフティカーがなければ優勝を目指すことができたでしょう。ライダーたちは意気揚々とその準備をしていたのです。シーズンを最高の形でスタートすることができ、ヤマハにとっても好結果となりました」

ページ
先頭へ