本文へ進みます

世界耐久選手権 EWC

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど世界耐久選手権に関する情報をお届けします。

Rd.01 9月17-18日(2016) フランス

RACE DATA

■開催日:2016年9月17-18日
■大会名称:世界耐久選手権 ボルドール24時間耐久レース
■開催地:フランス/ポールリカール・サーキット

REPORT

ボルドールで耐久選手権シーズンが開幕
GMT94 Yamaha Official EWC Teamが9位を獲得

2016/2017 FIM耐久世界選手権の開幕戦となる、ボルドール24時間耐レース久がポールリカール・サーキットで開催された。この開幕戦でGMT94 Yamaha Official EWC Teamが見事な追い上げを見せて9位を獲得。一方、YART Yamaha Official EWC Teamは、15時間まで順調に2番手を走行していたが、激しい戦いのなかでリタイアとなった。

ヤマハの両チームは第80回を記念するボルドール24時間耐久レースに出場。全6戦で競われる長いシーズンの初戦を、好成績で飾ろうと意気込んでいた。3週間前に行われたオシャースレーベン8時間で優勝を果たし年間ランキング2位を獲得したGMT94 Yamaha Official EWC Teamは、新シーズンでもまた、その勢いのまま、フランス南部にあるポールリカール・サーキットでの戦いに臨んだ。
ライダーはD・チェカ、N・カネパ、L・マヒアスの3人。ドライコンディションに恵まれた予選1日目でベストラップを記録し、ウエットとなった2日目に不要なリスクをおかすことなくポールポジションを獲得した。
第1ライダーのチェカは順調に7番手をキープして、第2ライダーのカネパに交代。カネパはすぐさまペースを上げると好タイムで走行しながら3番手まで浮上したが、その後、転倒してマシン修復を余儀なくされた。メカニックたちはすばやい作業でマシンをコースに復帰させたが、第3ライダーのマヒアスもまもなく転倒。これらのアクシデントによって、チームはスタートから5時間を目前に40番手以下まで後退する。
ここから3人は全力で挽回し、終盤ではついにトップ10入りを果たした。最終走者となったカネパは最後の12分間でもうひとつ上げ、2016/2017シーズンの初戦を9位で終えた。

一方のYART Yamaha Official EWC Teamは、2016/2017シーズンの初戦で一喜一憂。B・パークス、S・モライスに加えて新たにAMA SBK4冠のJ・ヘイズを迎えた同チームは、表彰台獲得を目指していた。
スタート直後からハイペースをキープして1時間も経たないうちにトップ争いまで浮上。しかし燃料警告灯が正常に機能しなかったことから、2度にわたってガス欠を起こしてトップ10圏外まで後退する。
パークス、ヘイズ、モライスの3人はその後もあきらめることなく追い上げて7時間半後には3番手まで挽回。さらにその2時間後、2番手走行中のライダーのミスによってヘイズが2番手に浮上した。
この時点でトップからは大きく離されていたものの、夜を徹して懸命の走行を続け、少しずつ差を縮めていく。ところが15時間38分経過後、トラブルが発生し走行を断念し、リタイアとなった。この結果、シリーズポイントでは9ポイントを獲得し、ランキング13位となった。

ヤマハ勢最上位を獲得したのは、Marco Racing Teamで4位。Moto AIN CRTはスーパーストック・クラスで優勝、総合6位と健闘した。このほか、Team 3ART YAM'Avenueも見事なレースを展開し、スーパーストック・クラス3位、総合8位。Yamaha Viltaïs Experienceは何度か小さなトラブルに見舞われながらも、それを克服して12位でチェッカーを受けた。

RESULT

TEAM RANKING

COMMENT

GMT94 Yamaha Official EWC Team
D・チェカ選手談

「チームが必死の努力をしてくれた。彼らのすばらしい仕事に、応えられるだけの言葉が見つからないよ。このサーキットは高速ストレートとタイトコーナーが入り混じる難しいコースなので、完璧なセッティングを見つけるためにみんなで本当にがんばった。今日のレースのなかでは、とくに終盤でのスピードを評価したい。これからもハードワークを続け、次回はもう少しの幸運を望む」

N・カネパ選手談

「最後は悪くなかったと思う。とくに序盤のアクシデントを挽回できたことには満足しているよ。僕の転倒は低速コーナーで、前のライダーについて行っていたときに起きた。彼のマシンには問題があって、オイルが漏れていたんだ。だから僕は、通常のレースラインよりもちょっと外側へ回ったんだけど、そこでフロントが切れ込んだ。それでも僕にとってはとても大切なレッスンになったと思う。今はこれから先のシーズンが本当に楽しみになった。僕らにはもっと力があると信じている」

L・マヒアス選手談

「GMT94でレースができてとてもうれしいよ。予選でベストタイムを記録し、チームにポールポジションをもたらすことができた。チームの仕事ぶりは非常にプロフェッショナルで、それによって僕らが、プレッシャーをコントロールできているのではないかと思う。40番手以下まで落ちたあと9位まで挽回できたことは非常に重要。この間に何度パスしたかわからないくらいだよ」

C・グィオ、マネジャー談

「優勝を目標にボルドールへやって来たが、序盤の不運で順位を下げてしまった。でもそのあとは、チーム全員が懸命にベストを尽して少しずつ挽回することができた。ポイントを獲得できたことが、我々にとっては非常に重要。9位で13ポイントを獲得し、これがこれからのシーズンで大きな意味を持つことになるだろう。デビッド・チェカ、ニッコロ・カネパ、ルーカス・マヒアスの3人は、いずれもモチベーションが高く、すばらしい才能の持ち主。すでに2勝と、ここボルドールでのポールポジションをチームにもたらしてくれた。いつもの優勝ペースに戻るのも時間の問題だと確信している」

YART Yamaha Official EWC Team
B・パークス選手談

「今日のレースは最高だった。僕は初めから気持ちよくマシンに乗れていたので、よりハードにプッシュすることができたんだ。スタート直後の小さな問題を解決したあとは、最速ではないとしても、それに近い強さを発揮することができたと思う。僕自身はとても楽にハイペースをキープ。マシンが今日のコンディションに完璧にマッチしていたので、爆発的な速さを見せつけることができたんだ。完走できなかったことは残念だったけれど、次回こそ必ず目標を達成するよ」

J・ヘイズ選手談

「とてもエキサイティングなレースウイークになった。予選セッションのなかでコースを把握し、そのあとの決勝では、よりいっそうハードにプッシュし続けた。チームの雰囲気はとてもすばらしく、皆で一致団結してチームとしての可能性を見せることができたと思う。最後までトップ争いに残れなかったことはちょっと悔しいけれど、その経験も含めてとても多くのことを学ぶことができたことに満足している」

S・モライス選手談

「ふたりのレジェンドと一緒に、YARTで走れることは、僕にとってはとても光栄なこと。序盤のマイナートラブルにもかかわらず、全員でベストを尽してトップまで挽回することができた。僕は残念ながら、最後にマシンをピットに戻す不運に見舞われてしまったけれど、耐久レースのなかでは、ときにこのようなことが起こるんだ。良かったところを評価し、次につなげたい。レースのほとんどの時間帯でハイペースをキープできたことは、今後のシーズンに向けて重要な経験になったと思う」

M・カインツ、マネジャー談

「総合的に見れば、決して悪いレースではなかった。スピードも安定性も十分で、トップを目指せる力があることを証明することができたからだ。終盤の戦いぶりを見て、全員によりいっそうの欲が出てきたようだ。表彰台を目指してボルドールに来て、9時間経過後には2番手に浮上。そのまま16時間でリタイアするまでポジションをキープし、表彰台が夢ではないことを証明できた。チームがすばらしい仕事をしてくれ、おかげでR1は順調に走行。最終リザルトは望んでいたものとは違っていたが、次の大会ではより強くなって臨めるはずだ」

ページ
先頭へ